【高校受験2018】大阪府立GLHS指定高校10校、文理学科のみ募集へ

教育・受験 中学生

大阪府教育委員会
  • 大阪府教育委員会
  • 平成26年度~平成28年度の各校の評価
  • グローバルリーダーズハイスクールに指定された10校
  • 文理学科の拡充について
 大阪府教育庁は、7月21日開催の教育委員会会議にて、府立高校におけるグローバルリーダーズハイスクール(GLHS)の指定および文理学科の拡充を決定。北野高校や茨木高校など10校が指定校となった。また、平成30年度(2018年度)入試より、指定校すべてが文理学科のみ募集とする。

 グローバルリーダーズハイスクール(GLHS)は、「豊かな感性と幅広い教養を身に付けた、社会に貢献する志を持つ、知識基盤社会をリードする人材を育成する。」ことを目的とする学校で、大阪府グローバルリーダーズハイスクール評価審議会による評価を踏まえ、府教育委員会が3年に1度指定する。

 平成30年度~平成32年度のGLHS指定校(全日制)は、北野高校、豊中高校、茨木高校、大手前高校、四條畷高校、高津高校、天王寺高校、生野高校、三国丘高校、岸和田高校の10校。

 これらの10校は平成23年度~平成26年度に指定校となり、評価審議会が行った3年間の総合評価を踏まえ、平成27年度~平成29年度に再指定を受けた。平成30年度~平成32年度の指定にあたり、新規に指定を希望する学校を公募したが応募はなく、これまでの取組みも踏まえ、現在指定している10校を候補校とした。10校すべてが、平成26年度~平成28年度の評価において「成果をあげた」とするA以上の評価を受けたことなどから、GLHS指定校の継続は適当との結論を出された。

 特に、天王寺高校は、平成26年度から3年連続で「きわめて高い成果をあげた」とするAAA評価を受けている。天王寺高校はGLHS設置当初から、GLHSコンソーシアムの事務局校として取りまとめ役を担っており、「取組・実績のすべての指標において、きわめて高い成果を上げている」と評された。

 また、平成30年度入学者選抜から、GLHS全10校(全日制)の募集が文理学科のみとなる。北野高校と天王寺高校は平成28年度より文理学科のみとなっていたが、平成30年度からは豊中高校、茨木高校、大手前高校、四條畷高校、高津高校、生野高校、三国丘高校、岸和田高校の8校も文理学科のみに変更される。

 大阪府では、募集人員を複数の学科ごとに設定している高校において、ほかの1学科を第2志望とすることができる制度がある。文理学科と普通科を併置している8校では、普通科合格者に文理学科第1志望者が多数みられ、文理学科第1志望者数が普通科を含めた各校の入学定員数を上回っていたという。文理学科志望者のニーズに応えることや、発展的な学びが求められるGLHS校において、文理学科の取組みを学校全体に広げていく必要性などから、文理学科の拡充が決定された。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)