教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン案、結果公示は8/16以降

教育業界ニュース 文部科学省

教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(案)に関するパブコメ詳細 ※受付は2017年8月2日に締め切っている
  • 教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(案)に関するパブコメ詳細 ※受付は2017年8月2日に締め切っている
  • 教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(案)目次
  • 教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(案)目次
 文部科学省は8月2日、「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン案」に係るパブリックコメント(意見公募手続き、パブコメ)を締め切った。集まった意見は約200件。最終的なガイドライン案は、パブリックコメント運用ルールに基づき8月16日以降の公表が予定されている。

 「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン案」は、地方公共団体における学校向けに、情報セキュリティポリシーの策定や見直しを行う際に参考できる情報セキュリティ対策基準を定めたもの。公立の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校が対象に含まれる。7月4日に公示され、8月2日まで案に関する意見を募集した。

 平成27年4月1日以降に開始されたパブリックコメントから用いられている新運用ルールに基づき、パブコメは原則、提出意見数に応じて意見提出期間の終了から命令などの公布まで意見考慮期間を確保しなければならない。確保期間は、意見が10件以下の場合は2日、101件以上の場合は14日。なお、100件以上の案件については政務の確認が義務付けられている。

 文部科学省生涯学習政策局情報教育課によると、「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン案」について集まった意見は約200件にのぼる。運用ルールに従えば8月16日以降の公開が予定されているが、意見数が多いため、遅くとも8月中の公開を見込んでいる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)