新日鉄住金ソリューションズ、プログラミング学習サイト「K3Tunnel」開設

教育ICT 小学生

K3Tunnel
  • K3Tunnel
  • K3Tunnel「ミッションに挑戦してみよう!」
  • K3Tunnelの特徴
  • 「宇宙ステーションへの旅」を題材にした小学生向けワークショップ
 新日鉄住金ソリューションズは9月22日、プログラミング学習サイト「K3Tunnel(ケイサントンネル)」を開設した。コンピュータの働きを実際の生活での問題解決に生かすことを焦点にあてた学習コンテンツを提供する。

 近年、小学生向けプログラミング教育への関心の高まりから、ゲーム作りやロボット制御などの教室や教材が次々と提供されている。しかし、プログラミング自体が目的となってしまっているものが多く、「コンピュータの働きを実際の生活での問題解決に生かす」ところへのつながりが見えにくくなっているという。

 K3Tunnel(ケイサントンネル)では、「コンピュータの働きを実際の生活での問題解決に生かす」ことに焦点をあて、問題解決のための道具として「プログラミング」を利用する学習コンテンツを提供する。現在、「家電買いかえ大作戦」「大学生ハッピーライフプラン」の2つのミッションを公開。たとえば「家電買いかえ大作戦」では、複数家電の買いかえを検討している家族がどの商品を買うべきか、「ミッションの提示」「オフラインワーク」「チュートリアル」を通じて問題に取り組む。また、自分で自由にプログラムを作ることもできる。

K3Tunnelの特徴

 新日鉄住金ソリューションズは、2013年より近隣小学校で毎年プログラミング教室を開催。2017年8月にK3Tunnelを初めて活用したところ、参加した小学生に好評だったため、このたび社外へのサービス提供を開始することになったという。

 今後、K3Tunnelでは小中学生向けのコンテンツを充実させる。さらに、Webサイトだけではなく、教育事業者向けのコンテンツ提供やCSR活動としてのワークショップも展開していく。第1弾として、11月24日~26日にテレコムセンタービルで開催の「サイエンスアゴラ2017」で、現在開発中のミッション「宇宙ステーションへの旅」を題材にした小学生向けワークショップを出展する。2017年度中には大学生向けコンテンツの提供も予定している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)