チエル、情報セキュリティの合弁会社設立…コラボ社を完全子会社化

教育ICT その他

チエル
  • チエル
  • SHIELDEX
  • 無害化SHIELDEX(イメージ)
  • コラボレーションシステム
 学校教育向けのICT利活用を支援するチエルは、ソフトキャンプジャパンとVenture Bridge Co.,Ltd.の3社による新会社SHIELDEXを設立したと発表。また、コラボレーションシステムの株式を追加取得し、完全子会社化したと発表した。

 チエルは9月14日、ソフトキャンプジャパンとVenture Bridge Co.,Ltd.の3社による新会社「SHIELDEX」を設立した。新たな情報セキュリティのソリューションとして、メールおよびファイルの無害化ソフト「SHIELDEX(シールデックス)」を、学校市場に留まらずエンタープライズ市場まで幅広く提供することが目的。

無害化SHIELDEX(イメージ)
無害化SHIELDEX(イメージ)

 無害化(サニタイズ)による標準型攻撃・マルウェア対策「SHIELDEX」は、「ファイル・メール無害化」「転送システム」「承認ワークフローシステム」をオールインワンで提供するネットワーク分離対応ソリューション。総務省の情報セキュリティの強靭化対策のための無害化対策ソリューションとして提案している。

 また、チエルは9月26日、大学市場を中心に校内システムの監視・運用を支援するコレボレーションシステムの株式を追加取得し、完全子会社化したと発表した。

 完全子会社化により両社の関係性をさらに強固なものとし、両社の知見や持てる資産を効果的に活用し合い、高校・大学市場向けのソリューション分野の強化に向けた、講義支援分野とシステム運用管理サービスが提供できるよう、ICTによる教育の質的転換を目指し、邁進していくとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)