JPRS、学校名の日本語JPドメイン名の同時登録申請を受付開始

教育ICT 先生

同時登録申請の概要
  • 同時登録申請の概要
  • 初等中等教育機関等の名称 同時登録申請書の書式(記入例)
 日本レジストリサービス(JPRS)は10月2日、「○○小学校.jp」「○○高校.東京.jp」といった初等中等教育機関などの学校名の日本語JPドメイン名の同時登録申請の受付を開始した。日本国内に住所を持つ学校および学校の設置者が同時登録申請できる。

 学校名の日本語JPドメイン名は、汎用JPドメイン名であれば「.jp」、都道府県型ドメイン名であれば「.<都道府県名>.jp」の直前の文字列に、「○○小学校」「○○高校」といった学校の名称を使ったドメイン名。これらのドメイン名は、2017年10月2日より日本国内に住所を持つ学校および学校の設置者が登録できる。

 10月2日より受付けを開始した同時登録申請では、受付期間中に受理された登録申請は、すべて同時に受け付けたものと見なす。同じ文字列の登録申請が行われた場合は、申請者同士の協議もしくは、JPRSによる抽選によって登録者を決定する。

 同時登録申請の料金は無料。ただし、管理指定事業者経由で登録されたドメイン名の「登録料」は発生する。

 同時登録申請期間は、2017年10月2日より2018年9月27日まで。同時登録申請期間終了後の通常登録申請は、学校名以外のJPドメイン名と同様に、先願制での登録となる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)