日本人の受賞は?ノーベル化学賞10/4午後6時45分発表…受賞者を予想

教育・受験 その他

Nobelprize.org
  • Nobelprize.org
  • ニコニコ生放送「ノーベル賞発表の瞬間をみんなで迎えよう@日本科学未来館」
  • 日本科学未来館「科学コミュニケーターブログ」
 日本人の受賞にも期待が高まるノーベル化学賞が10月4日午後6時45分(日本時間)に発表される。日本科学未来館では、科学コミュニケーターが受賞者を予想するほか、午後5時より「ノーベル賞発表の瞬間をみんなで迎えよう」と題してインターネット番組を放送している。

 2017年のノーベル賞は、生理学・医学賞が10月2日に発表された。物理学賞は10月3日、化学賞は10月4日、文学賞は10月5日、平和賞は10月6日、経済学賞は10月9日(いずれも日本時間)に発表される。

 日本科学未来館では、最先端科学をわかりやすく伝える科学コミュニケーターが受賞者を予想。バイオダイナミックス研究所の前田浩博士や国立がん研究センターの松村保広博士、東京大学名誉教授の中村栄一博士、ノースカロライナ大学チャペルヒル校特別教授のトーマスJ.マイヤー(Thomas J.Meyer)博士の名前をあげ、それぞれの研究内容を科学コミュニケーターブログで紹介している。

 ニコニコ生放送では、日本人の受賞が例年期待されているノーベル自然科学3賞(生理学・医学賞、物理学賞、化学賞)発表の瞬間を、東京・お台場にある日本科学未来館から3日間連続で生中継する。10月4日は午後4時50分開場、午後5時開演。近年の受賞テーマの傾向や2017年の予想などを科学コミュニケーターが紹介しながら、ノーベル化学賞受賞者発表の瞬間を視聴者とともに迎える。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)