【台風21号】週末に日本接近、衆院選は各地で大雨の恐れ

生活・健康 その他

気象庁「台風21号の経路図」
  • 気象庁「台風21号の経路図」
  • ウェザーニュース「台風21号の経路図」
 大型で強い台風21号(ラン)は、暴風域を伴いながら強い勢力で日本に向かってゆっくりと北上しており、週末から週明けに日本に接近してくると予想される。10月21日と22日には麻布大学やICU三鷹キャンパス、法政大学多摩キャンパスで学園祭、10月22日には18歳選挙権で初の衆議院選挙が行われる。

2017年「台風21号(ラン)」今後の進路予想



 気象庁によると、台風21号(ラン)は、10月19日午前12時45分現在、フィリピンの東を1時間におよそ15キロの速さで北北西へ進んでいる。

 ウェザーニュースによると、今後は急速に発達しながら北上を続け、10月21日午前3時には非常に強い勢力となる予想。台風が日本に接近してくるのは週末から週明けの見込みだが、台風接近前からの大雨にも警戒が必要だという。

10月21日・22日への影響…文化祭・学園祭や衆院選予定



 選挙権年齢が18歳に引き下げられて初めての衆議院選挙である「第48回衆議院議員総選挙(衆院選)」の投開票日となる10月22日は、各地で大雨になる恐れがある。

 また、10月21日と22日には、多くの中学校や高校、大学で文化祭や学園祭が行われ、逗子開成中学校・高等学校の「開成祭」、麻布大学の「麻布大学祭2017」、国際基督教大学(ICU)三鷹キャンパスの「2017年度ICU祭」、日本女子大学西生田キャンパスの「第27回日女祭」、法政大学多摩キャンパスの「第70回自主法政祭多摩地区」、帝京大学八王子キャンパスの「第51回青舎祭」などが予定されている。

 台風に伴う中止、または開催延期などの最新情報は、各大学・学校のWebサイトやSNS発信情報で確認したい。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)