米・富裕層向け雑誌が発表、世界の魅力的な都市ランキング…日本2都市が上位

趣味・娯楽 その他

東京都
  • 東京都
  • 読者投票ランキング2017年「The Best Cities in the World」上位20都市
 東京都は10月18日、米国の富裕層向け旅行雑誌「Conde Nast Traveler」(米国版)が行った読者投票ランキングにおいて、世界でもっとも魅力的な都市1位に「東京」が選ばれたことを公表した。都Webサイトにはランキング上位20都市の一覧や知事のコメントが掲載されている。

 東京都によると、「Conde Nast Traveler(コンデ・ナスト・トラベラー)」は、高所得者を読者に持つ米国大手旅行誌のひとつで、月刊発行部数は約80万部にものぼるという。1988年から読者投票型のランキング「Readers’ Choice Awards」を実施しており、今回の「The Best Cities in the World」は米国を除く各都市のうち、世界でもっとも魅力的な都市を決めるというもの。2017年は、約30万の読者から投票があったという。

 ランキングで1位に選ばれたのは「東京(日本)」。前年の2016年も1位に選出されており、2年連続でトップとなった。ランキング2位は「ウィーン(オーストリア)」、3位「京都(日本)」、4位「バルセロナ(スペイン)」、5位「パリ(フランス)」。日本からは東京と京都の2都市がランクインしたほか、アジアからは13位「シンガポール」、17位「バンコク(タイ)」、18位「香港(中国)」が上位20都市に選ばれている。

 東京都は1位に選ばれたことについて、東京の観光PRや旅行者の受入環境整備など、行政と民間が力を合わせた取組みの成果が反映されたものと分析。小池百合子東京都知事は、2020年開催の東京オリンピックとその先を見据えて、「名実ともに世界有数の国際観光都市として、世界から、より多くの人々を東京にお迎えしたい」とコメントしている。

◆2017年「The Best Cities in the World」ランキング(上位10都市)
1位「東京(日本)」
2位「ウィーン(オーストリア)」
3位「京都(日本)」
4位「バルセロナ(スペイン)」
5位「パリ(フランス)」
6位「シドニー(オーストラリア)」
7位「マドリード(スペイン)」
8位「バンクーバー(カナダ)」
9位「ローマ(イタリア)」
10位「ミュンヘン(ドイツ)」
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)