中部電力とKDDI、LPWAを活用した「児童見守りサービス」実証実験

デジタル生活 小学生

中部電力とKDDI 見守りサービスのイメージ
  • 中部電力とKDDI 見守りサービスのイメージ
  • 中部電力とKDDI 見守りサービスの特徴
  • 中部電力とKDDI 見守りサービス実証実験の概要
 中部電力とKDDIは11月1日より、豊田市立中山小学校の学区内でIoT向け通信技術「LPWA」を活用した児童見守りサービスの実証実験を開始する。実証期間は11月1日より11月30日まで。

 児童の見守りサービスは、「下校時間が遅くて心配」「一人で習い事に通わせるのが心配」といった保護者のニーズに応えるため、中部電力が主体となってサービス開発を進めている。児童が携帯する小型通信端末で測位した位置情報を、LPWAを活用してサーバーに送信することで、児童の家族のスマートフォンやパソコンから児童の位置情報を確認できる。

 実証実験は、豊田市立中山小学校の児童約60名とその家族を対象に実施。中部電力は専用WEB画面の開発や実証運営を行い、KDDIはLPWA(LoRaWAN)の通信網を学区内に整備している。豊田市は実証実験を「豊田市つながる社会実証推進協議会」の活動に位置づけ、関係個所との調整など実証支援を行う。

 LPWA(Low Power Wide Area)は、通信速度を低速に制限することにより、低消費電力、広い通信エリア、さらに通信端末の低価格化を実現する無線通信方式。KDDIは「低消費電力」「広い通信エリア」「通信端末の低価格化」を目指してIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の活用へ積極的に取り組んでいる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)