「1」にちなんだ「チンアナゴの日」シーパラ・すみだ水族館などで特別イベント

趣味・娯楽 未就学児

チンアナゴ
  • チンアナゴ
  • 八景島シーパラダイス
  • すみだ水族館
  • 京都水族館
 数字の「1」が4つ並ぶ11月11日は「チンアナゴの日」。各地の水族館では、2017年11月11日当日やその前後に「チンアナゴの日」にちなんだ特別イベントを企画している。普段体の一部を砂の中に隠しているチンアナゴの全貌を見ることができるかもしれない。

 「チンアナゴ」は白い体に無数の小さな黒い斑点をもつウナギ目アナゴ科に属する海水魚の一種。サンゴ礁の砂底に潜り、頭を出して小さなプランクトンなどを捕食して生活している。砂底から生えているように細長い体を出して揺れる愛らしい姿から水族館でも人気が高く、その姿が数字の「1」に似ていることから、11月11日は「チンアナゴの日」に制定されている

 横浜・八景島シーパラダイスの水族館「アクアミュージアム」では、2017年11月11日に1日限定の特別イベント「チンアナゴのごはんタイムイベント」を開催。数字の「1」にちなみ午前11時11分と、午後1時11分からの2回実施する。飼育スタッフの解説のもと、普段は見ることができないチンアナゴの捕食シーンや、砂に隠れていて見ることができないチンアナゴの全身、砂に潜っていくようすなど、謎が多いチンアナゴの全貌を観察できる。

 「チンアナゴの日」を日本記念日協会に申請したすみだ水族館では、11月10日から12日にかけて「チンアナゴの日」を記念した「ゆらゆらチンアナゴまつり2017」を開催。当日に有識者5名をゲストに招いた「有識者の集い!チンアナゴ会議」を初開催するほか、チンアナゴの最新情報を展示した特設スペース「チン発見!チンアナゴアカデミー」、チンアナゴの水槽を観察しながら難問に答える体験プログラム「ゆらチン!ガチ検定」など、チンアナゴの魅力に迫るさまざまなプログラムが行われる。

 また、京都水族館でも「ちんあなごだらけの京都水族館2017」と題した特別イベントを開催。人気が高くポピュラーな存在でありながら、その生態についてはいまだ謎が多いチンアナゴの真の姿に迫る企画が各地の水族館で催される。詳細は各水族館のWebサイトで確認してほしい。

◆横浜・八景島シーパラダイス「チンアナゴのごはんタイムイベント」
日時:2017年11月11日(土)11:11~、13:11~
場所:横浜・八景島シーパラダイス 水族館「アクアミュージアム」3階 ZONE5 チンアナゴ水槽前
料金:無料(別途水族館入館券が必要)

◆すみだ水族館「ゆらゆらチンアナゴまつり2017」
期間:2017年11月10日(金)~11月12日(日)
場所:すみだ水族館
料金:無料(別途水族館入館券が必要)
【有識者の集い!チンアナゴ会議】
日時:2017年11月11日(土)17:00~17:45
場所:すみだステージ
【チン発見!チンアナゴアカデミー】
日時:2017年11月10日(金)~11月12日(日)9:00~21:00
場所:アクアアカデミー
※そのほか多数のプログラムを実施。詳細はWebサイトで確認できる

◆ちんあなごだらけの京都水族館2017
期間:2017年11月1日(水)~11月30日(木)
場所:「京の海」2階、「交流プラザ」、「交流プラザ」入口
料金:無料(別途水族館への入場料が必要)
※そのほか多数のプログラムを実施。詳細はWebサイトで確認できる
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)