パナソニックと京都産業大学、再配達を抑制するプロジェクト開始

教育業界ニュース その他

アパートに設置された宅配ボックス
  • アパートに設置された宅配ボックス
  • 京都産業大学内に設置された公共用宅配ボックス
パナソニック、京都市、京都産業大学などが連携して京都における宅配ボックスの実証実験「京(みやこ)の再配達を減らそうプロジェクト」を開始する。

プロジェクトは、京都市が主催し、パナソニックと京都産業大学、宅配事業者が協力して実施する。パナソニック製のアパート用宅配ボックス「コンボーメゾン」合計39台を京都市内5カ所のアパート(合計106世帯)に設置する。同時に、京都産業大学キャンパス内にも公共用の宅配ボックスを設置し、約3カ月にわたって利用実態や再配達抑制効果などを調査する。

日本一学生が集中する「大学のまち・学生のまち」京都で、インターネット通販の利用者が多い世代に働きかけ、日中留守でも宅配便を受け取れる手段を提供することで「環境にやさしいライフスタイル」への転換につなげようという、産学公連携による試みとなる。

実施期間は11月8日から2018年1月末までを予定。実証実験の結果は、2018年3月頃に公表する予定。

学生のまち・京都で宅配便の再配達を抑制するプロジェクト

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)