学長は中村伊知哉教授、ICT分野の人材育成「i専門職大学」2020年4月開学

教育・受験 高校生

i専門職大学(仮称)本校舎完成イメージ
  • i専門職大学(仮称)本校舎完成イメージ
  • i専門職大学(仮称)のロゴ
  • 学長就任予定の中村伊知哉教授
 日本電子専門学校を有する電子学園は2017年12月4日、ICT分野にフォーカスした職業教育を行う「i専門職大学(仮称)」開学の構想を発表した。東京都墨田区に設立し、2020年4月に開学予定。学長は中村伊知哉教授が就任予定。NTTドコモ、花王、カヤック、CANVAS、KDDI、セガゲームス、ソフトバンク、チームラボ、ドワンゴ、パナソニック、富士通などの企業・団体が授業に協力する予定。

 学校教育法の一部改正が2019年4月1日に施行され、実践的な職業教育を行う「専門職大学」という新区分の高等教育機関が創設される。大学の制度に新たな教育機関が追加されるのは、1964年の「短期大学」の創設以来55年ぶり。専門職大学卒業時には、大学で与えられる学位と同等の「学士(専門職)」が与えられる

 「i専門職大学(仮称、あい せんもんしょくだいがく)」は、「変化を楽しみ、自ら学び、革新を創造する。」を理念とし、ICT(Information and Communication Technology:情報処理・通信に関連する技術の総称)分野にフォーカスした職業教育を実施。AIやロボットが進化し、将来の予測が困難化している現代において、変化を楽しみながら高度な専門性を修得・活用し、ICTでイノベーションを起こすことができる人材を育成する。

 学長には、現・慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の中村伊知哉教授が就任予定。本校舎は東京都墨田区文花地区、サテライトキャンパスは東京都港区竹芝地区(国家戦略特区)に設置予定。入学定員は200名、専任教員は26名。実務家教員によるビジネススキル教育を実施する。

 授業連携などに協力する企業・団体は、NTTドコモやCANVAS、KDDI、ソフトバンク、TBSテレビ、富士通、吉本興業などを予定している。授業連携に協力する企業や団体は今後、増加予定。

◆i専門職大学(仮称)の概要
大学名:i専門職大学(あい・せんもんしょくだいがく)※略称はi大(あいだい)
学部名:ICTイノベーション学部ICTイノベーション学科
学長(就任予定):中村伊知哉(なかむらいちや)現・慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
設置予定場所:(本校舎)東京都墨田区文花地区/(サテライトキャンパス)東京都港区竹芝地区
学生数:入学定員200名
専任教員数:26名
教育理念:「変化を楽しみ、自ら学び、革新を創造する」
協力・連携企業/団体(50音順):NTTドコモ、エフエム東京、エボラブルアジア、花王、カヤック、CANVAS、KDDI、グリー、SAPジャパン、シスコシステムズ、ジャパンマルチメディア放送、Schoo、墨田区、セガゲームス、ソフトバンク、チームラボ、デロイト トーマツ ベンチャーサポート、東京放送ホールディングス(TBSテレビ)、東北新社、ドワンゴ、パナソニック、浜野製作所、富士通、ミクシィ、吉本興業 ※今後も増えていく予定
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)