リバネス「教育応援グランプリ2017」タカラトミーがW受賞

教育業界ニュース その他

グランプリ・金賞同時受賞のタカラトミー 写真は授賞式でのようす
  • グランプリ・金賞同時受賞のタカラトミー 写真は授賞式でのようす
  • リバネス教育総合研究センター「教育応援グランプリ」
 リバネス教育総合研究センターは2017年12月3日、企業の次世代教育活動を促進する取組みを表彰する「教育応援グランプリ」の2017年審査結果を発表した。グランプリ、および金賞はタカラトミーによる「100ねんあそぼ。~おもちゃを通じた次世代教育支援~」が受賞した。

 「教育応援グランプリ」は、企業による教育活動を応援することを目的に、リバネス教育総合研究センターと有識者が協力し、2012年から実施しているコンテスト。2017年は20社からのエントリーを受け付け、学校教育や国連のSDGs(持続可能な開発目標)、CRM(コーズ・リレーティッド・マーケティング)などの視点から審査した。

 12月3日には教育応援フォーラムを開催し、審査結果を発表。タカラトミーがグランプリと金賞を同時受賞した。評価ポイントは、おもちゃを教材にしたキャリア教育、環境教育、バリアフリー教育という、多様な教育目標を掲げ、達成しようと取り組んでいる点。プログラム計画段階から学校と連携し、特別支援学級も含んだ活動を広げている点が好評だった。

 タカラトミーと同時に、金賞は新日鉄住金エンジニアリングの「情熱・先端 Mission-E」と日本生命保険の中高生向け出前・受入授業「将来について考えよう」が受賞している。銀賞はオリエンタルモーター、サントリーホールディングス、DIC・DICグラフィックス、浜野製作所が受賞。銅賞にはカンロ、THK、東レ、森永乳業が選ばれている。

 奨励賞や「教育応援グランプリ」に関する詳細は、「教育応援グランプリ」の受賞企業は、リバネス教育総合研究センターのWebサイト内に掲載されている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)