ユニアデックス、教育委員会向けネットワーク分離ソリューション提供

教育ICT その他

「教育委員会向けネットワーク分離ソリューション」の概要図
  • 「教育委員会向けネットワーク分離ソリューション」の概要図
ユニアデックス株式会社は12月18日、教育委員会向けネットワーク分離ソリューション」パッケージの提供を同日より開始したと発表した。学校教育現場におけるネットワーク分離とは、物理的または論理的に成績情報などの機微情報を扱う校務系システムとWeb閲覧などの校務外部接続系システム、そして授業に利用する学習系システムを分離すること。

教育委員会向けネットワーク分離ソリューションは、VMware製品と自社独自開発製品群でパッケージ化したもの。インターネットに接続する機能をVMware Horizonの仮想デスクトップ(VDI)により分離し、VMware NSXによるマイクロセグメンテーション機能を採用することで、マルウェアに感染した際の被害を最小限に抑えることができる。また、テレワーク対応の二要素認証製品「SecureSuite V」や、学校ホームページのセキュアな運用を実現する「NeXtCommons」、マルウェア対策製品なども併せて提供する。

教育委員会向けネットワーク分離、VMware NSX等活用(ユニアデックス)

《吉澤 亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)