【中学受験の塾選び】浜学園の特徴と費用(2018年度版)

 中学受験に向けた塾選びの参考として、大手人気塾5校(サピックス小学部・日能研・早稲田アカデミー・四谷大塚・浜学園)の特徴や費用をまとめた。今回は浜学園について見ていこう。

教育・受験 小学生
浜学園
  • 浜学園
  • 浜学園Webスクール
 中学受験に向けた塾選びの参考として、大手人気塾5校(サピックス小学部・日能研・早稲田アカデミー・四谷大塚・浜学園)の特徴や費用をまとめた。今回は浜学園について見ていこう。

浜学園の指導の特徴



 年間の学習内容が掲載された学習計画表に基づき、徹底した復習主義をとっている。毎回の授業で前回の授業内容から出題される復習テストを実施することにより、到達度や弱点分野を自分自身で確認できる。関西一円の多くの難関校に日本一の合格実績がある。

入塾前の説明や体験授業



 無料体験入塾制度があり、1週間の体験入塾ができる。また、保護者の授業見学も可能。対象学年は小学2年生から6年生の8月末まで。対象講座は「マスターコース」「土曜マスターコース」。入塾テストを受験し、判定クラスでの体験となる。浜学園の全教室で通年実施しており、参加申込みはWebサイトや電話、参加希望教室の事務所で受け付けている。ただし、新年度初回と年度末の体験授業はできない場合がある。

入塾前のテストの有無



 入塾前にテストがあり、毎月第2日曜日に各教室で実施している「公開学力テスト」(有料)の日に都合が付かない場合、「土曜入塾テスト」「特別扱い入塾テスト」を受験する。2つの入塾テストは受験料は無料だが、入塾可否の判定のみを通知し、答案は返却しない。また、入塾テストを兼ねた「学力診断無料オープンテスト」を年4回実施している。なお、公開学力テストの過去3か月のテスト問題は、各教室で販売している。

年間にかかる費用とカリキュラム



 マスターコース(国・私立中学受験コース)3科で最難関校を目指す通塾生をモデルとした費用(税込)は、4年生が約60万円、5年生が約65万円、6年生が約70万円。なお、費用には、特別講習費とテスト費、各種プリント・資料代、施設費などが含まれる。テキスト代は別途費用がかかる。

Web教室



 浜学園Webスクールは、浜学園受験指導の中核講座「マスターコース」と最難関中学志望者向け講座「最高レベル特訓」の教室での授業を映像化し、通塾と同一のテキスト、テスト、教育相談制度などのフォローを提供する。受講前に小学2年生~6年生のWebマスターコースを自宅で2週間、無料体験できる。また、浜学園全教室にWeb講義視聴体験ブースを開設している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)