【夏休み2018】未経験も歓迎、CA Tech Kidsプログラミングキャンプ

 小学生向けプログラミング教育事業を展開するCA Tech Kidsは、プログラミング体験ワークショップ「Tech Kids CAMP Summer 2018」を2018年7月中旬から9月上旬にかけての期間中、東京・大阪にて開催する。プランは2日間・3日間・5日間の3種類を用意。

教育ICT 小学生
Tech Kids CAMP Summer 2018
  • Tech Kids CAMP Summer 2018
  • CA Tech Kids
 小学生向けプログラミング教育事業を展開するCA Tech Kidsは、プログラミング体験ワークショップ「Tech Kids CAMP Summer 2018」を2018年7月中旬から9月上旬にかけての期間中、東京・大阪にて開催する。プランは2日間・3日間・5日間の3種類を用意。

 「Tech Kids CAMP」は小学生を対象としたプログラミング体験ワークショップ。アプリやゲームなどの作品づくりを通じて、子どもにプログラミングの楽しさや可能性を伝えることを目的とし、2013年夏より定期的に開催。これまでに全国で約8,000人以上の小学生が参加している。

 夏休みに開催する「Tech Kids CAMP Summer 2018」では、2日間・3日間・5日間の3種類のプランを用意。希望の学習内容と日程に合わせて選ぶことができる。2日間および3日間のプランは、おもにプログラミング未経験の子どもを対象とし、プログラミングの楽しさを体験してもらうことを目的としている。講座は、ゲームソフト「Minecraft(マインクラフト)」の世界でプログラミングを体験できる「マイクラプログラミング講座」と子ども向けプログラミング学習ソフト「Scratch(スクラッチ)」を用いてゲーム開発を行う「Scratchゲーム開発講座」の2種類。

 5日間プランは、短期間で集中的にプログラミングを理解・習得することを目的とし、「Scratch」を用いたゲーム開発を通じて「繰り返し」「条件分岐」「変数」などプログラミングの基礎となる概念を学ぶ。5日間プランの内容は、CA Tech Kidsの運営する小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」の授業約3か月分に相当するものだという。

 キャンプ各日程の最終日には、参加者が自ら開発した作品を自分の言葉で発表する「作品発表会」を実施する。3日間および5日間のプランでは「プレゼンテーション講座」も行う。発表会に向けた準備として、プレゼンテーションの内容の組み立て方や、パワーポイントなどを用いた発表資料の作り方、発表の際の立ち居振る舞いや話し方などについて学ぶことができる。

 開催日程、会場、参加費、対象学年などはプランによって異なる。Tech Kids SchoolのWebサイトにて各プランの詳細の確認および申込みが行える。先着50名限定で参加費が2,000円割引になるほか、友達・兄弟を1人紹介すると1,500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを2018年8月31日(金)まで実施している。

◆Tech Kids CAMP Summer 2018
開催時期:2018年7月~9月
会場:東京、大阪
対象:小学校1年生~6年生
申込方法:Tech Kids SchoolのWebサイトから申し込む
※各プランの詳細はWebサイトにて確認できる
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)