関東工大にクラシックカーが集結、子どもへ認知拡大を

 埼玉県鴻巣市にある関東工業自動車大学校で2018年4月29日、「関東工大クラシックカーフェスティバル」が開かれ、内外の旧車や名車250台が集結した。

趣味・娯楽 その他
第4回 関東工大クラシックカーフェスティバル
  • 第4回 関東工大クラシックカーフェスティバル
  • 第4回 関東工大クラシックカーフェスティバル
  • 第4回 関東工大クラシックカーフェスティバル
  • 第4回 関東工大クラシックカーフェスティバル
  • 第4回 関東工大クラシックカーフェスティバル
  • 第4回 関東工大クラシックカーフェスティバル
  • 第4回 関東工大クラシックカーフェスティバル
  • 第4回 関東工大クラシックカーフェスティバル
埼玉県鴻巣市にある関東工業自動車大学校で4月29日、「関東工大クラシックカーフェスティバル」が開かれ、内外の旧車や名車250台が集結した。

自動車整備士養成校が主催するイベントで、今回で4回目を数える。参加資格は2000年までに製造された国産・外国製の3輪・4輪車ということもあり、1934年式のオースチン『10』や1933年式のモーガン『スリーホイラー』などのビンテージものから、2000年式ロータス『エリーゼ』、マツダ『AZ-1』といった比較的新しい車両まで、幅広い年代の車が集まった。

在校生が案内するオープンキャンパスを同時開催するのが、このイベントらしいところ。というか、実はこちらがメイン。高校生はもちろん、小中学生も呼び込んで認知の底辺を広げていきたいという意向だ。学校の設備見学や実習見学、整備体験などをしつつ名車巡りをするというもので、合わせて学食も体験する学生らしき姿が数多く見られた。

今回は「見る・乗る・体験する」がテーマ。旧車を見るだけでなく、同校のテストコース及びJR鴻巣駅往復の交通安全パレードにギャラリーも同乗できるとあって、人気のプログラムとなった。これに合わせて2014年のダカールラリーに出場した日野のモンスタートラックも登場。爆走する迫力ある姿にギャラリーは圧倒された。

このほか、JR高崎線北鴻巣駅へ往復するボンネットバスのいすゞ『TSD40』改(1972年式)も大好評。校内にはクルマ関連のフリーマーケットや物販エリア、屋台、ゲームコーナー、体験コーナーなどが設けられ、絶好のイベント日和とも相まって、終日大勢の人出でにぎわった。

旧車の同乗体験が大人気…関東工大クラシックカーフェスティバル

《嶽宮 三郎@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)