3歳から枕デビュー、成長にあわせて使える「ジュニア専用枕」

 寝具・睡眠グッズの企画開発と販売を行っている「まくら」は、ジュニア専用の枕「はじめてのジュニア枕」を2018年5月2日に発売した。対象年齢の目安は3歳から8歳。色は16色から選べる。価格は2,980円(税込)。

生活・健康 未就学児

ジュニア専用の枕「はじめてのジュニア枕」
  • ジュニア専用の枕「はじめてのジュニア枕」
  • 枕の中央をくぼませることで、ふわふわの枕でも頭の位置が落ち着き、首や肩に優しくフィット
  • 高さ調節口から中身の綿量を調節可能
  • カラーはカラフルな16色
  • 家庭で洗濯できる「洗える粒わた」
 寝具・睡眠グッズの企画開発と販売を行っている「まくら」は、ジュニア専用の枕「はじめてのジュニア枕」を2018年5月2日に発売した。対象年齢の目安は3歳から8歳。色は16色から選べる。価格は2,980円(税込)。

 「まくら」によると、枕を使用する目的は、寝ているときに背骨のS字カーブを保つため。直立して歩く機会のない新生児・乳幼児には本来、枕は必要ない。よって、枕が必要な年齢は、歩く機会が増え背骨のS字カーブが作られていく3歳から6歳のころで、低めの枕を使い始めるとよいという。

 「はじめてのジュニア枕」は、子ども自身が眠りやすいことにこだわり、ふわふわとした柔らかい感触。枕の中央をくぼませることで、柔らかい素材でも頭の位置が落ち着き、首や肩に優しくフィットするという。「まくら」は、身体に負担がかかりにくい形状に仕上げたとしている。

 購入時は、中綿の量が多く枕の高さは「高め」の状態になっている。側面にある高さ調節口から中身の綿を取り出して量を調節することで、好みの高さに変えることが可能。取り出した中綿は捨てずに保管し、身体の成長とともに枕が低くなってきた際に綿を再度入れることで、成長段階にあわせて高さの調節を行うことができる。成長期の子どもの服や靴のサイズがすぐに変わるように、枕も手軽に高さ調節することで、成長にあわせて長く使えるよう工夫されている。

 中素材の綿は、家庭で洗濯できる「洗える粒わた」を採用している。付属の枕カバーは綿100%。眠っている間も汗をかきやすい子ども向けならではの工夫で、清潔に使うことができそうだ。

 対象年齢の目安は3歳から8歳。色は、ブラック、グレイ、ピンク、ショッキングピンク、レッド、パープル、オレンジ、イエロー、アイボリー、ベージュ、ブラウン、ブルー、ネイビー、サックス、グリーン、オリーブグリーンの16色から選ぶことができる。「枕と眠りのおやすみショップ!楽天市場店」ほか、直営のオンラインショップで販売している。

◆まくら「はじめてのジュニア枕」
価格:2,980円(税込)
サイズ:約幅50×奥行35×高さ10cm
製造国:日本製 (枕カバー:中国製)
《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)