【夏休み2018】植物工場でやさいを育ててみよう、明大植物工場基盤技術研究センター8/7

 神奈川県川崎市にある明治大学植物工場基盤技術研究センターは2018年8月7日、小学生が対象の体験講座を開催する。テーマは「植物工場でやさいを育ててみよう」。応募受付は2018年7月9日に締め切る。

教育イベント 小学生
 神奈川県川崎市にある明治大学植物工場基盤技術研究センターは2018年8月7日、小学生を対象に体験型学習講座を開催する。テーマは「植物工場でやさいを育ててみよう」。ミニ講義を受講したのち、種まきや植えかえ、収穫、クリーンルーム内での作業を体験できる。参加は無料。応募受付は7月9日に締め切る。レポートをまとめれば、夏休みの自由研究にもできそうだ。

 明治大学植物工場基盤技術研究センターは、2009年度(平成21年度)経済産業省「先進的植物工場施設整備事業」により設置された植物工場をベースに、栽培および栽培装置の開発・研究と植物工場の普及を進めている組織。センター内には、植物栽培用のクリーンルーム(完全人工光型植物工場)や研修室、分析室や培養室、環境制御室などを有する。

 2018年8月7日に開催する「植物工場でやさいを育ててみよう~体験型学習講座~」では、このクリーンルーム内でやさい作りに挑戦する。持ち物はうわばきと筆記用具。

 参加を希望する場合は、7月9日までに明治大学植物工場基盤技術研究センターのWebサイトから申し込むこと。定員は午前・午後の計2回開催で各10名。子ども1名につき保護者1名まで同伴できる。応募者多数の場合は、抽選のうえ当選者にのみ7月末までに当選通知を郵送する。

◆明治大学植物工場基盤技術研究センター「植物工場でやさいを育ててみよう~体験型学習講座~」
日時:2018年8月7日(火)
 午前 10:00~12:00(受付時間9:30)
 午後 14:00~16:00(受付時間13:30)
場所:明治大学植物工場基盤技術研究センター1階(神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 生田キャンパス内)
対象:小学1~6年生
定員:午前・午後各10名
※応募者多数の場合は抽選
参加費:無料
応募方法:明治大学植物工場基盤技術研究センターのWebサイトから申し込む
応募締切:2018年7月9日(月)
※抽選の場合は7月末までに当選者にのみ郵送で当選通知を郵送する
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)