JC・JK流行語大賞、2018年上半期 コトバ部門に「あげみざわ」

 女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFは2018年6月29日、2018年上半期のJC・JK流行語大賞を発表した。コトバ部門では、気分の高まりを意味する「あげみざわ」が1位に輝いた。

趣味・娯楽 高校生
JC・JK流行語大賞2018年上半期
  • JC・JK流行語大賞2018年上半期
  • AMF
 女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFは2018年6月29日、2018年上半期のJC・JK流行語大賞を発表した。コトバ部門では、気分の高まりを意味する「あげみざわ」が1位に輝いた。

 2018年上半期のJC・JK流行語大賞は、女子大生社長の椎木里佳氏が運営する、「世界に日本のJKのかわいい文化」を発信する約100名の女子中高生マーケティングチームが選考した結果をもとに、「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて発表した。

 ヒト部門は、1位が女優の「今田美桜」、2位がアーティストの「BTS(防弾少年団)」、3位がアーティストの「King&Prince」、4位がアーティストの「BLACKPINK」、5位がタレント・YouTuberの「けみお」。今田美桜のリボンを使うヘアアレンジが話題となり、体育祭やイベントなどで真似する女子高生が続出したという。

 モノ部門は、1位「チーズドッグ」、2位「Gong cha(ゴンチャ)」、3位「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ(スターバックス コーヒー ジャパン)」、4位「オオカミくんには騙されない(AbemaTV)」、5位「ウエストポーチ」。JC・JK流行語大賞2017でモノ部門1位を獲得した「チーズダッカルビ」に続き、韓国発のインスタ映えフード「チーズドッグ」が1位になった。チーズを伸ばす写真を友達やカップルで撮り合うのが流行っているという。

 アプリ部門は、1位「荒野行動」、2位「Tik Tok」、3位「Peing-質問箱-」、4位「Netflix」、5位「IGTV」。スマホ向けバトルロイヤルゲームの「荒野行動」は、ルールが単純で初心者でも楽しめるという。

 コトバ部門は、1位が気分の高まりを意味する「あげみざわ」、2位がありがとうを意味する「あざまる水産」、3位が悲しいときだけでなくどんなシチュエーションでも使える「ないたー」、4位が芸人・千鳥ノブのネタ「クセがスゴい」、5位がTik Tokで使用されてブームになった曲から「いい波のってんね」。1位「あげみざわ」と3位「ないたー」は、ヒト部門5位の「けみお」発信の言葉から火がついたという。

◆JC・JK流行語大賞2018年上半期
【ヒト部門】
1位「今田美桜」(女優)
2位「BTS(防弾少年団)」(アーティスト)
3位「King&Prince」(アーティスト)
4位「BLACKPINK」(アーティスト)
5位「けみお」(タレント・YouTuber)

【モノ部門】
1位「チーズドッグ」
2位「Gong cha(ゴンチャ)」
3位「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ(スターバックス コーヒー ジャパン)」
4位「オオカミくんには騙されない(AbemaTV)」
5位「ウエストポーチ」

【アプリ部門】
1位「荒野行動」
2位「Tik Tok」
3位「Peing-質問箱-」
4位「Netflix」
5位「IGTV」

【コトバ部門】
1位「あげみざわ」
2位「あざまる水産」
3位「ないたー」
4位「クセがスゴい」
5位「いい波のってんね」
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)