【夏休み2018】働く意義と大切さ、明大の小学生向け経営学講座8/1

 明治大学会計専門職研究科は、小学生のための経営学講座「“働く”ことの大切さを考える-こどもたちのための“働き方改革”入門-」を2018年8月1日に駿河台キャンパスで開催する。参加費無料で、事前申込みが必要。

教育イベント 小学生
 明治大学会計専門職研究科は、小学生のための経営学講座「“働く”ことの大切さを考える-こどもたちのための“働き方改革”入門-」を2018年8月1日に駿河台キャンパスで開催する。参加費無料で、事前申込みが必要。

 小学生のための経営学講座は、小学生が現代社会の「いま」を知ることで、さまざまな問題や課題について理解することを目的としている。今回は、「働く」ことの意義や大切さを学ぶ。

 当日は、研究科長挨拶ののち、専任教授の吉村孝司氏が「“働く”ことの大切さを考える-こどもたちのための“働き方改革”入門-」について1時間の授業を実施する。修了式と写真撮影も行う。

 参加対象は小学生で、保護者も一緒に参加できる。同伴の未就学児も入場可能。定員は50人。参加申込みは、メールで先着順に受け付ける。

◆小学生のための経営学講座「“働く”ことの大切さを考える-こどもたちのための“働き方改革”入門-」
日時:2018年8月1日(水)10:30~12:00(予定)
会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン9階309A教室(東京都千代田区神田駿河台1丁目1)
対象:小学生(保護者も一緒に参加可能。同伴の未就学も入場可能)
募集人数:50人(先着順)
締切:定員になり次第、締め切る
参加費:無料
申込方法:メールにて必要事項を入力のうえ申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)