「INFOBAR」ガラホで登場、子どものケータイデビューに期待…KDDI

デジタル生活 保護者

INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ)
  • INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ)
  • INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ)
  • INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ)
  • INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ)
  • INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ) 基本スペック・対応サービス
 KDDI(au)および沖縄セルラーは2018年7月12日、プロダクトデザイナー深澤直人氏が手がけた初代「INFOBAR」発売15周年を記念した4G LTEケータイ(ガラホ)「INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ)」を発売すると発表した。販売スタート予定は2018年秋。

 「INFOBAR(インフォバー)」は、携帯電話におけるデザインの変革を目指したプロジェクト「au Design project」から生まれ、2003年10月に発売された製品。プロジェクト第1弾として、折りたたみ式携帯電話全盛期だった時代に送り出されたストレートタイプの携帯電話だ。

 発売から15周年にあたる2018年には、記念モデルとして「INFOBAR xv」を発表。いわゆる「ガラケー」や「ガラホ」と呼ばれる4G LTEケータイで、アプリを入れることはできない

INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ)
画像:INFOBAR xv

 しかし、「LINE」や800万画素カメラ、通話、Wi-Fiといった最低限の機能を備えているほか、3.1インチのWVGA液晶ディスプレイ、デザリング機能、auの4G LTEケータイとしては初となる「+メッセージ」、「スマホ音声アシスタント呼出機能」を搭載していることから、KDDIは「初代『INFOBAR』から15年分の進化を感じ取れる現代に相応しい機能・サービスを備えた携帯電話」だとしている。

 その特徴から、KDDIは「スマートフォンを与えるにはまだ早いが、“子どもっぽいデザイン”のガラケーは嫌がられる、というご家庭に、ひとつの選択肢としてご提案できるのでは」とコメント。小学生の「スマホデビュー」に、今回のケータイ「INFOBAR xv」も考えてもらえれば、と期待を込める。

 カラーは初代「INFOBAR」を踏襲した赤系の「NISHIKIGOI」のほか、青系の「NASUKON」、ピンク系の「CHERRY BERRY」の全3色。子どもや女性の手にもなじみやすい大きさで、ストラップホールがあることから、ネックストラップなどを付けて自分好みにカスタマイズできる“携帯電話らしさ”が見える。

INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ) 基本スペック・対応サービス
画像:INFOBAR xv 基本スペック・対応サービス

 発売に先駆け、2018年7月12日午前11時にはクラウドファンディングWebサイト「Makuake」で「新・ケータイ INFOBAR xv を応援して、名前を刻もう。」がスタート。支援金額により、「INFOBAR xv」本体のクレジットタイトルに支援者として名前を記銘される権利や、専用ケースを得ることができる。詳細はKDDI、Makuakeで確認すること。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)