学校教育を壊す、堀江貴文主宰「ゼロ高等学院」2018年10月開校

 2018年10月、堀江貴文氏主宰の通信高校「ゼロ高等学院(ゼロ高)」が開校する。入学対象者は高校を卒業していない者。入学後は「DMMオンラインサロン」をプラットフォームとするオンラインコミュニティ参加し、学習を進める。

教育・受験 中学生
ゼロ高等学院
  • ゼロ高等学院
  • 堀江貴文氏
  • 成毛眞氏
  • 佐渡島庸平氏
  • 菅本裕子氏
  • 内藤賢司氏
  • ゼロ高等学院
 SNS educationは、堀江貴文氏主宰「ゼロ高等学院(ゼロ高)」を2018年10月に開校する。入学対象者は高校を卒業していない者。入学後は「DMMオンラインサロン」をプラットフォームとするオンラインコミュニティ参加し、学習を進める。2018年8月3日には説明会を開催予定。

 「ゼロ高等学院ゼロ高)」は、堀江貴文氏の「学校教育を壊す(ディスラプトし再構築する)」という発言を機に、オンラインサロン「堀江貴文イノベーション大学校」内から生まれた教育機関。座学ではなく、行動を目的としている点が特徴だ。

 入学資格は高校を卒業していない者で、鹿島山北高等学校(神奈川県足柄上郡)と連携し、通信高校として高校卒業資格を取得することが可能。行動しながら学べる活動としては、宇宙ロケットの開発・打ち上げ、和牛の生産、販売、寿司職人になるための技術や経営、ファッションやエンジニアリングなどをプロから学べる環境があるとしている。入学時期は鹿島山北高校に準じ、新入学の場合は4月・10月が入学月にあたる。

 主宰は実業家の堀江貴文氏、顧問は元日本マイクロソフト社長の成毛眞氏、コルク代表取締役社長の佐渡島庸平氏、ヒトメディア代表の森田正康氏、坪田塾 塾長の坪田信貴氏、SNSアドバイザーの「ゆうこす」こと菅本裕子氏。責任者は「Webエンジニアの教科書」の著者の内藤賢司氏が務める。開校に向け、2018年8月3日に第1回学校説明会を開催する。

 「DMMオンラインサロン」は、オンラインレッスンやファンクラブの新しい形を目指して提供されている、月額会員制コミュニティサービス。憧れの著名人や共感し合える仲間と、密にコミュニケーションできるという。2018年6月時点での会員数は30,000名以上にのぼり、500以上のオンラインサロンがある。

 DMMオンラインサロンがゼロ高のプラットフォームとして採用されたことにより、ゼロ高に入学した生徒は「堀江貴文イノベーション大学校」のオンラインサロン活動にも参加できる。

◆ゼロ高等学院(ゼロ高)第1回学校説明会
日時:2018年8月3日(金)18:00~20:00
場所:東京都港区 元麻布3-1-35 VORT元麻布 4F
参加方法:保護者同伴必須。生徒のみ、保護者のみの参加は受け付けていない。リモートからの参加は生徒のみ、保護者のみでも参加可能
《田口さとみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top