【大学受験2021】早稲田大学政経学部の独自試験、サンプル問題を公開

 早稲田大学は2018年8月3日、現在の高校1年生が対象となる2021年度入試から実施される入試改革について、政治経済学部独自試験のサンプル問題を公開した。Webサイトから問題と解答用紙のサンプルを閲覧できる。

教育・受験 高校生
早稲田大学政治経済学部
  • 早稲田大学政治経済学部
  • 早稲田大学政治経済学部「2021年度入学者のための入試から実施する入試改革について(学部独自試験のサンプル問題を公開しました)」
 早稲田大学は2018年8月3日、現在の高校1年生が対象となる2021年度入試から実施される入試改革について、政治経済学部独自試験のサンプル問題を公開した。Webサイトから問題と解答用紙のサンプルを閲覧できる。

 現行の大学入試センター試験は2020年1月の実施を最後に廃止され、2021年1月には「大学入学共通テスト」が実施される。早稲田大学では、2021年度入学者のための入試から改革を予定。全学共通の取組みとして、一般選抜(現行の一般入試)および大学入学共通テスト(現行の大学入試センター試験)を利用した入試の改革として、出願要件を変更するほか、政治経済学部と国際教養学部の一般入試選抜方式を変更、スポーツ科学部の一般入試とセンター試験利用入試の再編成などを行う。

 政治経済学部では、一般入試について、大学入学共通テスト、英語外部検定試験、学部独自試験(日英両言語による長文を読み解いたうえで解答する形式)合計点により選抜する方式に変更。学部独自試験は1科目のみを90分間で実施する。

 2018年8月3日に公開されたサンプル問題は、日本語の問題文を読んで6つの問いに答える問題と、英語の問題文を読んで5つの問いに答える問題で構成。サンプル問題のほか、解答用紙のサンプルが公開されているが、マーク解答用紙は公開しない。

 なお、サンプル問題は、2021年度以降の一般入学試験をイメージするために作成したサンプルであり、実際に出題される問題とは異なる。また、早稲田大学は、サンプル問題に関する問合せには答えることができないという。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)