フリービット、語学教育の「アルク」を子会社化…EdTechに注力

 フリービットは2018年8月21日、語学教育事業を展開するアルクの子会社化について発表した。フリービットの掲げる「EdTech」事業展開を加速させる構え。株式譲渡実行日は2018年9月28日。

教育業界ニュース その他
フリービット
  • フリービット
  • アルク
 インターネットサービスにおけるインフラおよび技術提供などを手がけるフリービットは2018年8月21日、語学教育事業を展開するアルクの子会社化について発表した。投資組合1社および個人株主1名から約26億円で45,400株を取得する。株式譲渡実行日は2018年9月28日。

 アルクは、語学研修プログラムの実施や英語学習月刊誌「ENGLISH JOURNAL」、英単語学習書籍「キクタン」、英語学習通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」をはじめとした語学学習教材を提供するほか、「ALC NetAcademy」「アルクオンライン英会話」などのeラーニングサービスを提供している。加えて、Amazonが提供するクラウドベース音声サービス「Alexa(アレクサ)」が出荷されてからは、「Amazon Alexaスキル」として「キクタン」など4タイトルの音声コンテンツ提供も行っており、教育とICTの利活用を推進している。

 2020年の学習指導要領改定を前に、英語教育とICT教育が求められていることから、フリービットはアルクの事業展開に着目。フリービットによると、同社中期事業方針には「EdTech」事業の展開が含まれており、その一環として英語を中心とした語学教育の総合企業であるアルクを子会社化することとした。

 フリービットは今後、同社のICTに関する知見や事業リソースを生かしながらアルクの優良な語学教育コンテンツを提供していくとしている。

※編集部注:初出時、所得株式数に関する記載に誤りがありました。訂正し、お詫び申し上げます。(2018年8月22日追記)
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)