魅力ある高校教育と地方創生について学ぶ2days島根11/3・4

 地域・教育魅力化プラットフォームは2018年11月3日・4日、全国の自治体職員、学校教職員らを対象とした「地域教育・高校魅力化の最前線を学ぶ2days」を島根県松江市で開催する。参加費は無料。Webサイトより申込みを受け付けている。

教育イベント 先生
全国の教員や市町村、コーディネーターの挑戦事例から魅力ある高校教育と地方創生の展開について学び合う(イメージ)
  • 全国の教員や市町村、コーディネーターの挑戦事例から魅力ある高校教育と地方創生の展開について学び合う(イメージ)
  • 全国の教員や市町村、コーディネーターの挑戦事例から魅力ある高校教育と地方創生の展開について学び合う(イメージ)
  • 全国の教員や市町村、コーディネーターの挑戦事例から魅力ある高校教育と地方創生の展開について学び合う(イメージ)
  • 全国の教員や市町村、コーディネーターの挑戦事例から魅力ある高校教育と地方創生の展開について学び合う(イメージ)
  • 全国の教員や市町村、コーディネーターの挑戦事例から魅力ある高校教育と地方創生の展開について学び合う(イメージ)
  • 地域教育・高校魅力化の最前線を学ぶ2days
 地域・教育魅力化プラットフォームは2018年11月3日・4日、全国の自治体職員、学校教職員らを対象とした「地域教育・高校魅力化の最前線を学ぶ2days」を島根県松江市で開催する。参加費は無料。Webサイトより申込みを受け付けている。

 「地域教育・高校魅力化の最前線を学ぶ2days」は、高校魅力化の先進地である島根県で、全国の実践をもとに、国・県・市町村・民間・地域住民など、組織や立場の枠を超えて対話する機会を提供するイベント。

 11月3日は、「魅力ある学校教育と地域創生の好循環をつくる」をテーマに高校魅力化の挑戦事例を紹介。島根県立隠岐島前高校や島根県立津和野高校などの教員による挑戦事例の発表や、自治体の最新の実践や実践報告をもとに、今後の魅力ある教育環境づくりに向けた対話の場を設ける予定。

 11月4日は「全国コーディネーターサミット~地域教育を共に学び、共に創る~」をテーマに、広島県立大崎海星高校魅力化プロジェクトなどの事例発表や、高校に関わるコーディネーターとの対話を通じて、学び合いのネットワークを広げるための場を予定している。

 対象は、全国の自治体職員、学校教職員、コーディネーターなど、教育に関心がある人。11月3日はくにびきメッセ国際会議場、11月4日は島根大学キャンパス大学会館3階で開催される。11月4日は遠隔からのオンライン参加も可能。参加費は無料だが、交通費・宿泊費は各自負担。10月13日までWebサイトより申込みを受け付けている。

◆地域教育・高校魅力化の最前線を学ぶ2days
対象:全国の自治体職員、学校教職員、コーディネーターなど、教育に関心がある人
参加費:無料(交通費・宿泊費は各自負担)
申込方法:Webサイトより受け付けている
申込締切:2018年10月13日(土)

【しまね教育の日フォーラム2018】
日時:2018年11月3日(土・祝)10:00~16:00
会場:くにびきメッセ国際会議場(島根県松江市学園南1-2-1)

【全国地域教育シンポジウム】
日時:2018年11月4日(日)10:00~16:00
会場:島根大学松江キャンパス大学会館3F(島根県松江市西川津町1060)
※遠隔ライブ配信あり
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)