【冬休み】親子3世代で楽しめる「トミカ博 in SAPPORO」1/11より

 札幌テレビ放送(STV)は2019年2019年1月11日から15日と19日から20日まで、冬休みの恒例イベント「トミカ博 in SAPPORO」をアクセスサッポロで開催する。今回のテーマは「さあ、はじまる!ゆめのトミカワールド!!」。2018年10月19日より前売券の販売を開始する。

趣味・娯楽 未就学児
トミカ博 in SAPPORO~さあ、はじまる!ゆめのトミカワールド!!~
  • トミカ博 in SAPPORO~さあ、はじまる!ゆめのトミカワールド!!~
  • 入場記念トミカ「TDMウォータードライブ」
  • 過去開催のようす
  • 過去開催のようす
  • 過去開催のようす
  • 過去開催のようす
  • 過去開催のようす
  • 過去開催のようす
 札幌テレビ放送(STV)は2019年2019年1月11日から15日と19日から20日まで、冬休みの恒例イベント「トミカ博 in SAPPORO」をアクセスサッポロで開催する。今回のテーマは「さあ、はじまる!ゆめのトミカワールド!!」。2018年10月19日より前売券の販売を開始する。

 「トミカ博」は、毎回テーマを変えフェスティバル形式で全国開催している屋内型ファミリーイベント。「親子で楽しめる参加型ミュージアム」としてトミカの魅力を再認識できる。札幌では毎年冬休みに開催しており、これまで15回の開催で80万人以上の家族が来場している。

 16回目となる今回も大きなジオラマや、おもしろ体験ができるトミカタウン、トミカいっぱいの巨大パーキングタワーなど、さまざまな企画が催される。このほか、人気アトラクション「トミカつり」「トミカ組立工場」や新コーナーも登場。イベント記念商品の販売も行われる。

 入場記念トミカは、タンクを回すとキャノピーが変化する「TDMウォータードライブ」。遊ぶだけではなく、実際に「見て」「学んで」「体験する」夢がいっぱいにつまった展示物やジオラマは、子どもだけでなく大人も楽しめるという。

 会場内はベビーカーでも安心できるバリアフリー対応。授乳室やベビールームも用意されており、赤ちゃんや小さな子ども連れでも安心して来場できる。また、期間中毎日、「大谷地バスターミナル1番のりば」からアクセスサッポロまで、30分間隔で臨時シャトルバスを運行する。シャトルバスの料金は、大人200円、子ども100円。IC乗車券は使用できず、現金のみ。

 開催日は、2019年1月11日から20日のうち16日から18日を除く7日間。チケットは大人(中学生以上)1,000円、子ども(小学生以下)800円、2歳以下無料。各チケットが200円割引きとなる前売券は、2018年10月19日午前10時から2019年1月10日まで発売する。

◆トミカ博 in SAPPORO~さあ、はじまる!ゆめのトミカワールド!!~
期間:2019年1月11日(金)~15日(火)、19日(土)~20日(日)
※1月16日(水)~18日(金)は休館
時間:9:30~16:00(最終入場は15:30)
会場:アクセスサッポロ(札幌市白石区流通センター4丁目)
料金:
前売券/大人(中学生以上)800円、子ども(小学生以下)600円
当日券/大人(中学生以上)1,000円、子ども(小学生以下)800円
※いずれも税込
※2歳以下は入場無料
前売券販売期間:2018年10月19日(金)10:00~2019年1月10日(木)
当日券販売期間:2019年1月11日(金)~20日(日)12:00まで
※入場記念トミカ「TDMウォータードライブ」は有料入場者のみ1人1台まで
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)