【インフルエンザ18-19】予防接種は全国平均額3,529円、最安は何県?

 QLife(キューライフ)は2018年10月24日、2018年・2019年インフルエンザワクチンの接種価格に関する調査結果を発表した。成人1回目の全国平均額は3,529円。都道府県別では、最高額は新潟県の3,799円、最低額は宮崎県の3,093円であった。

生活・健康 その他
2018~2019年 インフルエンザ予防接種 都道府県別平均価格
  • 2018~2019年 インフルエンザ予防接種 都道府県別平均価格
  • QLife
 QLife(キューライフ)は2018年10月24日、2018年・2019年インフルエンザワクチンの接種価格に関する調査結果を発表した。成人1回目の全国平均額は3,529円。都道府県別では、最高額は新潟県の3,799円、最低額は宮崎県の3,093円であった。

 調査は2018年10月15日時点で、全国3,805施設を対象にインフルエンザワクチン(注射剤)の接種料金を集計したもの。接種料金は、成人1回目、税込み、公的助成なしの場合の平均価格。

 全国平均は3,529円。前年度(2017~2018年シーズン)と比較すると、5円増とほぼ横ばいだった。都道府県別では、新潟県の3,799円(前年度比106円増)がもっとも高く、長崎県3,771円(同56円増)、宮崎県3,729円(同101円増)、岩手県3,722円(同58円減)と続いている。

 逆にもっとも安かったのは、宮崎県の3,093円(同63円減)で、ついで北海道3,263円(同51円増)、高知県3,293円(同59円増)、秋田県3,307円(同33円減)、愛媛県3,375円(同43円増)などであった。

 都市部は、東京都3,662円(同11円増)、神奈川県3,628円(同10円増)、千葉県3,557円(同1円減)、大阪府3,479円(同19円増)、愛知県3,473円(同11円増)など。

 地域別では、北海道・東北(平均3,480円)、中部(平均3,486円)、中国・四国(平均3,439円)が安い一方、関東(平均3,647円)が高い傾向にあった。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)