法政大学「健康とスポーツ」開設記念シンポジウム12/9無料・先着500名

 法政大学保健体育センターは、法政大学履修証明プログラム「健康とスポーツ」開設記念シンポジウムを2018年12月9日に法政大学市ケ谷キャンパスにて開催する。

生活・健康 その他
法政大学が「健康とスポーツ」開設記念シンポジウム開催
  • 法政大学が「健康とスポーツ」開設記念シンポジウム開催
法政大学保健体育センターは、法政大学履修証明プログラム「健康とスポーツ」開設記念シンポジウムを12月9日(日)に法政大学市ケ谷キャンパスにて開催する。

「健康とスポーツ」開設記念シンポジウムでは、健康パート、スポーツパート、パネルディスカッションの3部構成で日々の健康維持からトップアスリート支援までを広く考える。

第1部の健康パートは、歯をはじめとした口腔の健康維持と予防歯科の講演となる。第2部のスポーツパートには、同大学スポーツ健康学部教授であり、日本陸上競技連盟オリンピック強化コーチとして男子4×100mリレーチームを指導する苅部俊二教授が登壇。世界大会での秘話や東京オリンピックに向けた展望を語る。

第3部のパネルディスカッションは、同大学で各体育会のトップアスリート支援を行っている専門家が加わり、「アスリートの健康支援とコーチング」をテーマにしたディスカッションを行う。

開催日時は、12月9日(日)13:30~16:50。開場12:30。会場は、法政大学市ケ谷キャンパス 富士見ゲート4階 G403教室・G402教室(東京都千代田区富士見2-17-1)。入場無料、要事前申込(先着500名)。申込みは専用フォームから行う。

法政大学が「健康とスポーツ」開設記念シンポジウム開催

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)