「非常用電源」や「かまどベンチ」埼玉県立近代美術館東駐車場が災害支援型に

 三井不動産リアルティは、「三井のリパーク」埼玉県立近代美術館東駐車場に災害時などに役立つ各種設備を導入し、「災害支援型駐車場」として2018年11月5日にオープンした。

生活・健康 保護者
組立式テント
  • 組立式テント
  • ソーラーLED街路灯
  • 災害用簡易トイレ
  • かまどベンチ
三井不動産リアルティは、「三井のリパーク」埼玉県立近代美術館東駐車場に災害時などに役立つ各種設備を導入し、「災害支援型駐車場」として11月5日にオープンした。

同社はこれまで、災害発生時に駐車場を支援拠点として提供する地域貢献の取り組みとして「非常用電源」や「簡易トイレ」などの災害時支援設備を設置した「災害支援型駐車場」を大阪・神戸・新潟・仙台の全国4か所に開設してきた。度重なる自然災害の発生などで災害対策への意識が高まる中、新たに「三井のリパーク」埼玉県立近代美術館東駐車場に災害時支援設備を導入した。

同駐車場は、停電時にも備え付けのコンセントからスマートフォンなどへ充電できる「ソーラーLED街路灯」のほか、「組立式テント」「簡易トイレ」「かまどベンチ」などの災害時支援設備を設置。車中泊避難にも対応できる施設となっている。

さらに、Wi-Fiなどの各種ICTサービス・災害支援機能を備えた「高機能自動販売機」を新たに導入する。半径約25メートル以内において最大60分間無料(回数無制限)でインターネットを利用できるほか、多言語翻訳機能も搭載。スマートフォンなどでQRコードを読み取ることで、ユーザー端末に設定された言語に翻訳した駐車場利用方法などを表示する。

三井のリパーク、埼玉県立近代美術館東駐車場を災害支援型にリニューアル

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)