富士通、AIを使って保育所入所選考を行う業務応援ソフト

 富士通は2018年11月12日、自治体向け保育業務支援ソフトウェア「FUJITSU 公共ソリューション MICJET MISALIO 子ども子育て支援V1 保育所AI入所選考(MICJET MISALIO 保育所AI入所選考)」の提供を開始した。

教育業界ニュース 教育ICT
「MICJET MISALIO保育所AI入所選考」のイメージ
  • 「MICJET MISALIO保育所AI入所選考」のイメージ
  • Fujitsu Japan
 富士通は2018年11月12日、自治体向け保育業務支援ソフトウェア「FUJITSU 公共ソリューション MICJET MISALIO 子ども子育て支援V1 保育所AI入所選考(MICJET MISALIO 保育所AI入所選考)」の提供を開始した。

 富士通によると、近年、少子化対策が進む一方で、地域によっては待機児童問題など保育をとりまく環境は依然として課題が多く、中でも保育所入所選考業務は公平性を保つために年々複雑さが増している。「きょうだいが同じ保育所になることを優先してほしい」「別々の保育所でも良いが、きょうだいの中で1人しか入れないのなら辞退する」など申請者のさまざまな事情を考慮したうえで、限られた入所枠に割り当てる作業には多くの人手と時間を要しているという。

 富士通が開発した「MICJET MISALIO 保育所AI入所選考」は、利害が一致しない人々の関係を合理的に解決する数理手法「ゲーム理論」応用したAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai(Zinrai)」を搭載。保育所利用調整指数や希望施設、きょうだいの入所希望など、児童ごとの情報や保育所の空き定員情報など、入所選考に必要な情報を取り込み、優先順位に沿って、可能な限り全員が高い希望をかなえることができる千人規模の割り当てを、数秒で導き出すことができる。

 選考結果は電子データと帳票形式の両方で生成されるため、結果入力作業工程の効率化が可能。希望の保育所に入所できなかった場合などには、保育所の空き状況や希望順位、きょうだい入所条件に基づいて結果を説明できる支援機能を持っているので、住民からの問合せや窓口対応を円滑に行うことができ、透明性の高い説明責任を果たすことができる。

 「MICJET MISALIO 保育所AI入所選考」は現在、滋賀県大津市をはじめとした30以上の自治体で実証が行われている。2018年度中には滋賀県草津市が導入を予定しており、東京都港区でも2019年度中の導入が検討されているという。販売価格は個別見積もり。富士通は2020年度末までに「MICJET MISALIO」関連ビジネスで累計売上約20億円を目指している。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)