一度読んだら忘れられない「一行怪談漢字ドリル」発売

 幻冬舎は2018年12月6日、「一行怪談漢字ドリル 小学3年生」を発売した。すべての例文が“怖い話”になっており、小学3年生で習う全200字をマスターできる。5月にはすでに「小学1・2年生版」が発売されており、「これなら飽きない」と好評だという。

教育・受験 小学生
 幻冬舎は2018年12月6日、「一行怪談漢字ドリル 小学3年生」を発売した。すべての例文が“怖い話”になっており、小学3年生で習う全200字をマスターできる。5月にはすでに「小学1・2年生版」が発売されており、「これなら飽きない」と好評だという。

 「一行怪談漢字ドリル」は、怖いけど、クスッと笑える新感覚の漢字ドリル。本気でぞっとするものから、ユーモラスなものまで、すべての例文が“怖い話”になっている。例文はすべてオチやタネを書かない怪談で、ストーリーの意味を考えながら解き進めるので、読解力も自然と養われる。印象的なストーリーを学習することで、漢字が記憶に残りやすくなるメリットもあるという。

 5月にはすでに「小学1・2年生版」が発売されており、「これなら飽きない」「大人が読んでも面白い」とSNSを中心に話題になったという。「ほかの学年も欲しい」という要望を受け、怖さも学習要素もパワーアップした「小学3年生版」が発売された。

 「小学3年生版」には、これまでなかった「書き方のポイント」「部首の確認」「書き取りの練習欄」を追加。ちょっと不気味な「漢字のなりたち」コラムも付いているので、多角的に漢字学習に取り組める。新学習指導要領にも対応しており、小学3年生で習う全200字を1冊でマスターできる。

 定価は980円(税別)。全国書店およびネット書店にて購入できる。

◆一行怪談漢字ドリル 小学3年生
発売日:2018年12月6日(木)
著者:吉田悠軌
判型:B5判並製・オール2色
ページ数:80ページ
定価:980円(税別)
販売場所:全国書店およびネット書店
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)