雪上ゴーカートなど6種類の遊びを提供「雪のゆうえんち」12/22開業予定

 アップかんなべスキー場を運営しているアドバンスは2018年12月22日、スキー場中央駐車場横、中央グラウンド内に雪のテーマパーク「雪のゆうえんち」をオープン予定。雪上ゴーカートやバナナボートなど、6種類のアクティビティを用意する。

趣味・娯楽 未就学児
雪のメリーゴーランド
  • 雪のメリーゴーランド
  • ふわふわ遊具(機関車)
  • ふわふわ遊具(ビッグウェーブ)
  • 雪上ゴーカート
  • バナナボート
  • 熱気球体験
  • おむつ替え室
  • 授乳室外観
 アップかんなべスキー場を運営しているアドバンスは2018年12月22日、スキー場中央駐車場横、中央グラウンド内に雪のテーマパーク「雪のゆうえんち」をオープン予定。雪上ゴーカートやバナナボートなど、6種類のアクティビティを用意する。

 「雪のゆうえんち」の総面積は、縦90メートル・横150メートルの1万2,750平方メートル。これは、テニスコート49個分に相当し、雪のテーマパークとしては関西最大級だという。

 雪のゆうえんちでは、子どもから大人まで楽しめるアクティビティを用意する。アクティビティは、機関車とビッグウェーブ(滑り台)の「ふわふわ遊具」、2歳以下の子ども(親の同伴要)でも楽しめる「雪のメリーゴーランド」、最大6人まで乗れる「バナナボート」、縦6メートル・横80メートルのコースを走れる「雪上ゴーカート」、地上30メートルの高さを飛行できる「熱気球体験」、面積75平方メートルの広場に設置され、そり遊びが楽しめる「雪山ひろば」の6つ。

 ゆうえんち周辺に授乳室、おむつ替え室を設置しており、子連れでも安心して利用できる。雪遊びグッズなどの販売や、アップかんなべスキー場のマスコットキャラクター「コウノトリマン」や雪のゆうえんちのキャラクター・トナカイの「ルドルフ君」による、グリーティングやパフォーマンスなどのイベント企画なども用意する。

 営業期間は、2018年12月22日から2019年3月上旬頃までを予定。積雪の状況によって開始時期は延期することがある。営業時間は午前10時から午後4時、リフト営業は午前8時30分から午後4時40分。定休日はない。入場料は無料だが、アクティビティは一部を除き有料。

◆雪のゆうえんち
営業期間:2018年12月22日(土)~2019年3月上旬頃までを予定(定休日なし)
営業時間:10:00~16:00(リフト営業は8:30~16:40)
所在地:兵庫県豊岡市日高町栗栖野59-78
※アップかんなべスキー場中央駐車場横、中央グラウンド内
入場料:無料

【ふわふわ遊具】
体験料:1回500円(リフト券、キッズエリア券所持者は無料)
※2歳以下は親の同伴が必要

【雪のメリーゴーランド】
体験料:1回200円(リフト券、キッズエリア券所持者は無料)
定員:1台4~8名
※2歳以下は親の同伴が必要

【バナナボート】
体験料:1回 大人1,000円、小学生以下700円
最大乗車数:6人
※2歳以下や小さい子どもは大人の同伴が必要

【雪上ゴーカート】
対象:身長140cm以上
体験料:1回(コース2周)1,000円

【熱気球体験(常設型)】
営業時間:8:00~、16:00~(2部制)
体験時間:20分
体験料:
<リフト券、キッズエリア券購入者>大人1,800円、小学生以下1,000円
<リフト券、キッズエリア券なし>大人2,900円、小学生以下1,800円
定員:8名(乗合い制)

【雪山ひろば】
体験料:無料
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)