【中学受験】過去問に挑戦…聖光学院中学校<国語>

 記憶力のみではなく、思考力や理解度を試される問題が多く出題される有名校の膨大な“過去問”(提供:英俊社)から厳選した、大人から子どもまで頭を使う中学受験の問題を紹介する。聖光学院中学校の2013年度「国語」の入試問題にいざ挑戦。

教育・受験 小学生
【中学受験】過去問に挑戦…聖光学院中学校<国語>
  • 【中学受験】過去問に挑戦…聖光学院中学校<国語>
  • 聖光学院中学校<国語>
 有名中学校の入試に出題される問題は大人でも難しいものが多い。記憶力のみではなく、思考力や理解度を試される問題が多く出題される有名中学校の膨大な“過去問”から厳選した、大人から子どもまで頭を使う中学受験の問題に挑戦してみるのはいかがだろうか。

 横浜市の山手駅からほど近い住宅地にある聖光学院の建学の精神は、「カトリック的世界観にのっとり、人類普遍の価値を尊重する人格の形成、あわせて、高尚、かつ、有能なる社会の成員を育成する」にあるという。聖光学院中学校、2013年度「国語」の入試問題にいざ挑戦。
問題提供:英俊社

聖光学院中学校「国語」入試問題より



問題:次の1~5の文は、それぞれ線部の熟語が誤っているため、意味が通らないものになっています。例にならって、正しい熟語を漢字で答えなさい。ただし、線部の熟語は読みのだく濁てん点の位置を一ヶ所移動させることで、正しい熟語に変えるものとします。

 例:メガネの度が合わなくなったので厳寒して作り直すことにした。
 厳寒(げんかん) → 検眼(けんがん)

 1.チームの奇跡的な勝利の大河として、多数のけが人を出した。
 2.もうすぐ秋なのに版画のセミがうるさくて仕方ない。
 3.元旦に駅に集合して草津温泉へ同志に出かける。
 4.妖怪は人々の様々な恐れが苦情化したものだと言われている。
 5.ふるさとでは昔からの踊りが今の子どもたちに天上されている。


聖光学院中学校<国語>

解説・解き方



 1.「たいが」→「だいか」
 2.「はんが」→「ばんか」
 3.「どうし」→「とうじ」
 4.「くじょう」→「ぐしょう」
 5.「てんじょう」→「でんしょう」

 解答はこちらから。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)