教員対象、探究学習の分析・設計ワークショップ3/24

 国際文化フォーラムと学びの質ルーブリック研究プロジェクトは2019年3月24日、小中高校の教員を対象に「語って、ほぐして、仕込みます!探究する学びを分析・デザインするワークショップ」を開催する。参加無料。定員は30名(先着順)。募集締切は3月4日。

教育イベント 先生
国際文化フォーラム
  • 国際文化フォーラム
  • 「語って、ほぐして、仕込みます!探究する学びを分析・デザインするワークショップ」プログラム(予定)
 国際文化フォーラムと学びの質ルーブリック研究プロジェクトは2019年3月24日、小中高校の教員を対象に「語って、ほぐして、仕込みます!探究する学びを分析・デザインするワークショップ」を開催する。参加無料。定員は30名(先着順)。募集締切は3月4日。

 教員向けワークショップでは、「語る」「ほぐす」「仕込む」の3つのステップで探究学習の分析と設計に取り組む。「語る」では学習活動カードを使って子どもの探究ストーリーを語り、「ほぐす」ではルーブリックづくりを通して探究に埋め込まれた学びを解きほぐし、「仕込む」では探究を支える教師の手立てを明確にする。各セッションでは、参加者個人での作業のほか、グループでの共有・ディスカッションも行う。

 探究学習の実践が初めての者は、教科書の単元をベースに順を追って探究型の単元づくりを体験でき、すでに実践している者は自身の実践の振り返り、または新たな単元の開発の機会として利用できる。ワークショップ終了後は、任意参加の懇親会を1.5時間程度予定している。

 当日は、単元をつくってみたい教科・単元に関する資料と、探究学習やプロジェクト学習の資料、成果物(実務経験がある場合)、WiFiにつながるノートパソコンを用意すること。タブレットも可能だがキーボードを使用する。

 参加無料。申込みは、Webサイトにて受け付けている。定員は30名。締切りは3月4日。定員に達した場合は、締切前でも受付を終了する。

◆語って、ほぐして、仕込みます!探究する学びを分析・デザインするワークショップ
日時:2019年3月24日(日)10:00~17:00
※終了後、任意参加の懇親会を1.5時間程度予定
会場:SHIBAURA HOUSE 5階バードルーム(東京都港区芝浦3-15-4)
対象:小中高校の教員
募集人数:30名
締切:2019年3月4日(月)
※定員に達し次第、受付終了
参加費:無料
申込方法:Webサイトにて申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)