文科省大学改革官が登壇「専門職大学シンポジウム」2/6

 コンテンツ教育学会は2019年2月6日、「専門職大学シンポジウムvol.7」を開催する。文部科学省 高等教育局 大学改革官の澁谷秀行氏をパネリストに迎え、従来の大学と専門職大学との違いや制度設計などについて話す。申込みは、Webサイトにて受け付けている。

教育業界ニュース イベント・セミナー
コンテンツ教育学会
  • コンテンツ教育学会
  • コンテンツ教育学会
  • デジタルハリウッド大学大学院教授・コンテンツ教育学会理事長の高橋光輝氏
 コンテンツ教育学会は2019年2月6日、「専門職大学シンポジウムvol.7」を開催する。文部科学省 高等教育局 大学改革官の澁谷秀行氏をパネリストに迎え、従来の大学と専門職大学との違いや制度設計などについて話す。申込みは、Webサイトにて受け付けている。

 2019年4月の学校教育法の改正により、実践的な職業教育を行う新しい教育機関「専門職大学」が開学される。初年度となる2019年度は、専門職大学・専門職短大・専門職学科の設置審査にて、いずれも専門学校を持つ学校法人から13大学3短大および1学科(専門職学科)の新設申請があったが、設置審査の結果、2専門職大学1専門職短大のみでの開学となる。

 今回で7回目となる「専門職大学シンポジウム」は、「生き残りをかけた大学と専門学校 専門職大学設立で高度職業教育がどう変わる?」がテーマ。当日は、文部科学省 高等教育局 大学改革官の澁谷秀行氏による講演「高等教育における専門職業人養成-専門職大学が目指すもの-」と、デジタルハリウッド大学大学院教授でありコンテンツ教育学会理事長の高橋光輝氏と澁谷氏によるトーク形式の講演「専門職大学の課題と高度職業人教育のあり方」を実施する。シンポジウム終了後は名刺交換会も予定している。

 参加費は、コンテンツ教育学会会員が無料、非会員が1万円。申込みは、Webサイトにて受け付けている。満員になり次第、受付を終了する。

◆専門職大学シンポジウムvol.7
日時:2019年2月6日(水)13:00~15:00(予定)
※名刺交換会は15:00以降を予定
会場: 東放学園映画専門学校 4M2・3教室(東京都新宿区西新宿5-25-8)
参加費:<会員>無料、<非会員>1万円
申込方法:コンテンツ教育学会Webサイトにて申し込む
※満員になり次第、受付を終了する
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)