【中学受験2019】開成の算数は昨年より難化…花まるラボが講評

 花まる学習会の思考力教材「Think!Think!」を作成している花まるラボは、WeThinkにおいて「2019年中学入試解答速報(算数)」の掲載を開始した。

教育・受験 小学生
イメージ写真です
  • イメージ写真です
  • 花まるラボ WeThink
 花まる学習会の思考力教材「Think!Think!」を作成している花まるラボは、WeThinkにおいて「2019年中学入試解答速報(算数)」の掲載を開始した。

 2019年2月1日に入試が実施された開成中学校、麻布中学校、桜蔭中学校、女子学院中学校、駒場東邦中学校、武蔵中学校について算数の問題・解答を掲載。開成中学校については講評も行っている。

 1日20時30分時点で公開されている開成の講評によると「昨年が例年に比べて易しかったため、昨年に比べると今年は難化しました。」とされている。また「業界のトップを走る企業に、他企業が追随していく動きと同様、中学入試も、開成のようなトップ校に追随していく傾向があります。」のだという。詳細は、WeThinkで確認いただきたい。

 2日は栄光学園中学校と聖光学院中学校、3日は浅野中学校と筑波大学附属駒場中学校の算数の問題・解答を公開する予定だ。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)