子どものスマホを守るセキュリティ製品、キヤノンMJが発売

 キヤノンマーケティングジャパンは2019年2月14日、子どものスマートフォンを有害サイトなどから守るプログラムなどが利用可能な「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」の個人向け製品の新バージョンを発売する。

デジタル生活 小学生
 キヤノンマーケティングジャパンは2019年2月14日、子どものスマートフォンを有害サイトなどから守るプログラムなどが利用可能な「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」の個人向け製品の新バージョンを発売する。ESET インターネット セキュリティの参考価格は1台で利用する場合、年間4,500円(税別)。

 ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズは、ESET社が開発するウイルス対策ソフト。このたび、5台まで利用できる「ESET ファミリー セキュリティ」と1台利用できる「ESET パーソナル セキュリティ」を、「ESET インターネット セキュリティ」に名称を変更する。新たに3台版のラインアップを追加し、利用台数を1台・3台・5台から、利用年数を1年・3年から選択できる。個人向け製品では、ESET インターネット セキュリティのほか、ESET インターネット セキュリティ まるごと安心パック、ESET スマート セキュリティ プレミアムなどがある。

 子どものスマートフォンを有害サイトなどから守る「ESET Parental Control for Android」は、保護者が子どものスマートフォンの利用を管理するためのペアレンタルコントロールアプリ。指定したWebサイトの閲覧とスマートフォンアプリの使用を制限できる。

 制限のルールは、年齢による自動設定のほか、特定のWebサイトやアプリ、Webサイトカテゴリーなどを個別に設定できる。また、ゲームアプリの利用時間の制限や、位置情報を利用して事前登録したエリアへの到着・出発を保護者へ通知することもできる。

 「ESET Parental Control for Android」は、ESET インターネット セキュリティとESET インターネット セキュリティ まるごと安心パック、ESET スマート セキュリティ プレミアムにて利用可能。ESET インターネット セキュリティの参考価格は1台で利用する場合、1か月300円、1年4,500円、3年6,000円(いずれも税別)。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)