第7回「未来の教室」とEdTech研究会3/18、傍聴者募集

 経済産業省は2019年3月18日、第7回「未来の教室」とEdTech研究会を経済産業省本館で開催する。委託事業者による報告などを受け、2018年度実証事業の総括を行う予定。傍聴の申込みは、3月13日午後5時までWebサイトで受け付けている。

教育業界ニュース 教育ICT
経済産業省
  • 経済産業省
  • 未来の教室
 経済産業省は2019年3月18日、第7回「未来の教室」とEdTech研究会を経済産業省本館で開催する。委託事業者による報告などを受け、2018年度実証事業の総括を行う予定。傍聴の申込みは、3月13日午後5時までWebサイトで受け付けている。

 「未来の教室」とEdTech研究会は、学校教育などの現場が目指すべき「未来の教室」の姿、そのために必要なEdTechの開発などについて検討する研究会。2018年6月の第1次提言を踏まえて現在、新たな教育プログラムの開発などに向けた実証事業に取り組んでいる。

 今後は、実証事業で抽出した課題や制度的論点について議論し、第2次提言を策定する計画。第7回となる今回は、委託事業者が3月に実施する実証事業評価ワークショップを踏まえて報告。2018年度実証事業の総括を行う。

 傍聴希望者は、経済産業省のWebサイトから3月13日午後5時までに申し込む。希望者多数の場合は抽選のうえ、落選者にのみメールで通知する。また、当日はペーパーレスでの開催を予定しているため、傍聴にあたってはWebサイトから資料を事前に印刷、またはノートパソコン・タブレットなどの端末に保存のうえ持参すること。資料は、3月15日夕方までに経済産業省のWebサイトに掲載予定。

◆第7回「未来の教室」とEdTech研究会
日時:2019年3月18日(月)15:00~18:00
会場:経済産業省本館17階 第1~3共用会議室(東京都千代田区霞が関1-3-1)
傍聴の申込方法:Webサイトから申し込む
※希望者多数の場合は抽選のうえ、落選者にのみメールで通知する
申込締切:2019年3月13日(水)17:00
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)