読書と脳の関係とは…全国学校図書館協議会、川島隆太先生講演会5/18

 全国学校図書館協議会は2019年5月18日、専修大学神田キャンパスで学校図書館実践講座の特別企画「川島隆太先生講演会」を開催する。テーマは「子どもの脳の発達と読書」。読書の効用や学力に与える影響など、読書と脳の関係を科学的見地から示す。事前申込制。

教育イベント 先生
川島隆太先生講演会「子どもの脳の発達と読書」
  • 川島隆太先生講演会「子どもの脳の発達と読書」
  • 2019年度 学校図書館実践講座
  • 全国学校図書館協議会
 全国学校図書館協議会は2019年5月18日、専修大学神田キャンパスで学校図書館実践講座の特別企画「川島隆太先生講演会」を開催する。テーマは「子どもの脳の発達と読書」。読書の効用や学力に与える影響など、読書と脳の関係を科学的見地から示す。事前申込制。

 「川島隆太先生講演会」は、全国学校図書館協議会が主催する2019年度の学校図書館実践講座の特別企画。「読書がたくましい脳をつくる」などの著書がある脳科学者の川島隆太氏(東北大学加齢医学研究所長、東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター長)が、「子どもの脳の発達と読書」をテーマに講演する。

 子どもの読書離れが、学校現場や社会で問題となる中、読書の効用、読書が脳に及ぼす影響、成績向上につながる読書習慣、読書と脳の関係などについて、科学的に解明した調査結果などをもとに具体的に語る。

 学校図書館関係者や教育関係者はもちろん、一般の人や子どもも参加できる。参加費は、一般2,000円、大学生・専門学校生1,000円、高校生以下無料。ただし、小学生以下は保護者同伴。定員300名。事前申込制。参加希望者は、全国学校図書館協議会Webサイトから申込書をダウンロードして必要事項を記入のうえ、FAXまたはメールで申し込む。

◆川島隆太先生講演会「子どもの脳の発達と読書」
日時:2019年5月18日(土)13:20~15:10(受付12:30~)
会場:専修大学神田キャンパス3号館(東京都千代田区神田神保町3-8)
定員:300名
参加費:一般2,000円、大学生・専門学校生1,000円、高校生以下無料(小学生以下は保護者同伴)
申込方法:全国学校図書館協議会Webサイトから申込書をダウンロードして必要事項を記入のうえ、FAXまたはメールで事前に申し込む
<E-mail申込み方法>
件名を「川島隆太先生講演会参加希望」とし、1.氏名、2.職業(学生は学年)、3.連絡先電話番号、4.小学生以下のお子さまが参加する場合はその人数・年齢を明記の上、 ito@j-sla.or.jp までメールを送付。折り返し確認メールが送られる。迷惑メール対策をしている方は「@j-sla.or.jp」からのメールが届くようにあらかじめ受信設定すること。
<FAX申込み方法>
全国学校図書館協議会Webサイト(http://www.j-sla.or.jp/)より申込書をダウンロード、必要事項を記入の上、FAX 03-5804-7546に送付する。
申込締切:2019年5月15日(水)
※定員に達し次第締め切る
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)