【GW2019】10連休の過ごし方は「自宅でくつろいで過ごす」が37.5%

 インターワイヤードは2019年4月11日、「大型連休の過ごし方」に関するアンケート結果を発表した。これによると2019年春の大型連休の過ごし方は「自宅でくつろいで過ごす」が37.5%でもっとも多かった。

生活・健康 その他
2019年春の大型連休の過ごし方
  • 2019年春の大型連休の過ごし方
  • 2019年春の大型連休の予定は?
 インターワイヤードは2019年4月11日、「大型連休の過ごし方」に関するアンケート結果を発表した。これによると2019年春の大型連休の過ごし方は「自宅でくつろいで過ごす」が37.5%でもっとも多かった。

 調査は2019年2月7日から2月22日にかけて実施。連休の過ごし方や国内・海外旅行の目的、2019年春の大型連休の過ごし方などについてたずね、インターワイヤードが運営するネットリサーチ「DIMSDRIVE」のモニター4,018人から回答を得た。

 2019年春の大型連休をどのように過ごす予定かたずねたところ、「自宅でくつろいで過ごす」が37.5%で最多、ついで「家事をまとめて片付ける」13.4%、「(日用品以外の)買い物・ショッピング」12.6%、「国内旅行」12.3%となった。男女別で大きな差は見られなかった。

 2019年春の大型連休ついて、予定や希望する過ごし方などをたずねたところ、「子どもとゆっくり過ごせる連休はゴールデンウィークぐらいなので、子どもメインで過ごしたいと思っています。今年はキャンプに誘われているので、初めてのテントを体験したいです。(女性30代)」「普段は時間がないので、大型連休の際に新しい料理にチャレンジしてみたい(男性50代)」などの意見があがった一方、「いつもは孫の世話を押し付けられるので今年の連休はゆっくり体を休めたいです(女性50代)」「いつも大掃除を5月の連休にしているので、それを念入りにできそうです。旅行等もしてみたいですが、高いしどこに行っても混んでいそうなので、躊躇します(女性60代)」といった意見もあった。

◆調査概要
調査方法:インターネットを利用した市場調査
調査期間:2019年2月7日(木)~2019年2月22日(金)
有効回答数:DIMSDRIVEモニター 4,018人
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)