東急 5/8より駅券売機で預貯金の引き出し可能に…横浜銀行とゆうちょ銀行

 横浜銀行、ゆうちょ銀行、GMOペイメントゲートウェイ、東京急行電鉄(東急)の4者は2019年4月24日、駅の券売機で銀行預貯金の引き出しができる「キャッシュアウト・サービス」を5月8日から開始すると発表した。

生活・健康 その他
東急自由が丘駅 (AC)
  • 東急自由が丘駅 (AC)
  • アプリの金額指定画面
  • 現金引き出し金額入力
  • QRコード発行、券売機にてQRコード読み取り
  • 現金引き出し
  • アプリは横浜銀行の「はまpay」、ゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」を利用。「ゆうちょPay」のサービスは5月8日から開始される。
横浜銀行、ゆうちょ銀行、GMOペイメントゲートウェイ、東京急行電鉄(東急)の4者は4月24日、駅の券売機で銀行預貯金の引き出しができる「キャッシュアウト・サービス」を5月8日から開始すると発表した。

このサービスは、スマートフォンなどのアプリ(横浜銀行「はまPay」、ゆうちょ銀行「ゆうちょPay」)で事前に引き出し額(1万、2万、3万の3パターン)の指定を行ない、表示されたQRコードを券売機の読取り機にかざすと、横浜銀行やゆうちょ銀行の預貯金を引き出すことができる。1日に引き出すことができる金額は3万円が上限だ。

横浜銀行とGMOペイメントゲートウェイが開発した、「銀行口座と連動したスマホ決済サービス」のシステムが活用されている。駅の券売機を利用した取組は日本初となる。

利用できる券売機は、こどもの国線と世田谷線を除く東急線全駅のもので、利用時間は5時30分~23時。手数料は、横浜銀行が6月30日まで無料、7月1日から平日108円、土休日が216円。ゆうちょ銀行は6月30日まで無料、7月1日から平日・土休日とも108円、2020年1月4日から平日108円、土休日が216円となる(ゆうちょ銀行の土休日手数料は2020年1月4日から216円となる)。

駅券売機で預貯金を引き出し…東急で、横浜銀行とゆうちょ銀行

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)