東京女子大、就活支援にVRを活用した面接体験動画を導入

 東京女子大学キャリア・センターは、VR(バーチャルリアリティ)を用いた採用面接体験動画を2019年5月27日より導入した。学生は、より能動的で記憶に残りやすい方法で面接の練習ができる。

教育・受験 大学生
VRゴーグル使用イメージ
  • VRゴーグル使用イメージ
  • 動画コンテンツのイメージ
 東京女子大学キャリア・センターは、VR(バーチャルリアリティ)を用いた採用面接体験動画を2019年5月27日より導入した。学生は、より能動的で記憶に残りやすい方法で面接の練習ができる。

 東京女子大学キャリア・センターは、学生ひとりひとりが目標を持って充実した生活を送り、自分の適性や希望に合った生き方を見つけることを目指している。キャリアカウンセラーによる予約制のキャリアカウンセリングや、年間150日を超える業界研究セミナー、就活マナー講座といった各種セミナーなど、4年間を通じて多くのプログラムを提供している。

 同センターは就職活動支援の一環として、岡崎人事コンサルタントが監修したVRを用いた採用面接体験動画を導入。大学における就職支援としては日本で初めての試みだという。

 VR視聴機器(VRゴーグル)はキャリア・センター資料室に設置され、学生は一次、二次、最終面接など、各段階を想定した動画を、自分の状況に合わせていつでも視聴できる。選考の各段階の雰囲気の違いなどをリアルに体験できるので、実際の面接の場に立った際の緊張感や苦手意識をなくす効果が期待される。

 応答内容のブラッシュアップや話し方の工夫など、面接のスキルアップを目指す場合に何度でも反復練習が可能。また、面接本番前にもう一度確認しておきたいという使い方もできる。

 今後、動画コンテンツは随時追加され、変化するトレンドにも対応していくとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)