「新生活」関連の偽販売サイト急増、前月から3倍以上

 BBソフトサービスは、「インターネット詐欺リポート(2019年4月度)」を発表した。これによると、4月度は新生活を切り口にした偽販売サイトが増加した。

デジタル生活 大学生
BBソフトサービス株式会社(BBSS)は5月30日、「インターネット詐欺リポート(2019年4月度)」を発表した。本レポートは、同社の「詐欺ウォール / Internet SagiWall」で検知・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を報告するもの。これによると、4月度は新生活を切り口にした偽販売サイトが増加した。

同社が収集した偽販売サイトと報告のあったURLのうち、約11%が新生活を切り口にしていた。2019年3月度の約3%と比較すると、4月度は8ポイント増加している。こうした偽販売サイトで商品を購入すると、粗悪な商品が送られる、または商品が送られずに購入代金を搾取されるなどの被害に遭う可能性がある。また、クレジットカード支払いで商品購入した場合には、犯罪者からカード番号を利用され二次被害に遭う可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

「新生活」関連の偽販売サイト急増、前月から3倍以上(BBSS)

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)