国交省、居心地が良くて歩きたくなる道を整備へ

国土交通省は、居心地が良くて歩きたくなるストリートを整備するため、有識者で構成する「ストリートデザイン懇談会」を新設して、これからの時代のストリートのあり方を検討する。

生活・健康 その他
居心地が良くて歩きたくなるストリートを整備へ(仙台市定禅寺通り)
  • 居心地が良くて歩きたくなるストリートを整備へ(仙台市定禅寺通り)
  • ストリートデザイン懇談会
国土交通省は、居心地が良くて歩きたくなるストリートを整備するため、有識者で構成する「ストリートデザイン懇談会」を新設して、これからの時代のストリートのあり方を検討する。

国土交通省では、2019年2月から「都市の多様性とイノベーションの創出に関する懇談会」を新設し、付加価値創出と地域課題の解決の場となる「都市」のあり方について検討してきた。今年6月の中間とりまとめで「居心地が良く歩きたくなるまちなか」を実現するための「まちなかウォーカブル推進プログラム(仮称)」が示され、具体化を支援するために、ストリート・デザイン・ガイドラインの作成を掲げた。

今回、居心地が良くて、歩きたくなるストリートの整備に向けて、様々な分野の有識者で構成する懇談会を設置し、ストリートの使い方、作り方から、これらの取り組みを支える仕組みまで、多角的に議論してもらう。

8月29日にストリートデザイン懇談会の初会合を開く。2019年度中に中間とりまとめを公表する予定。

居心地が良くて歩きたくなる道を整備へ 国交省

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)