最新事例4つを紹介「ゲーミフィケーショントラック」11/15

 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて開催される人材教育・組織戦略の現状と未来を語り合う専門フォーラム「eラーニングアワード2019フォーラム」において、「ゲーミフィケーショントラック」を2019年11月15日に開催する。

教育イベント 小学生
ゲーミフィケーショントラック
  • ゲーミフィケーショントラック
  • eラーニングアワード2019フォーラム
 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて開催される人材教育・組織戦略の現状と未来を語り合う専門フォーラム「eラーニングアワード2019フォーラム」において、「ゲーミフィケーショントラック」を2019年11月15日に開催する。

 ゲームの要素を用いて学習者をやる気にさせる「ゲーミフィケーション(モチベーション・テクノロジー)」。「ゲーミフィケーショントラック」では、英語学習アプリやプログラミング授業など、デジタルもアナログも含め、ゲーミフィケーションを活用して効果を上げている最新事例4つを紹介する。

 登壇者は、日本ゲーミフィケーション協会代表理事の岸本好弘氏、ザワッグル代表の中尾瑛佑氏、プロキッズ代表取締役の原正幸氏、武蔵野学院大学EdTech研究所所長の坂井裕紀氏の4名。1部では岸本氏による講演「ゲーミフィケーションの考え方」、2部では4名による講演「ゲーミフィケーションの活用事例」、3部ではパネルディスカッション「ゲーミフィケーション活用の未来を考えるディスカッション」を行う。

 対象は小学生から社会人まで。参加費は、事前登録で無料。事前登録は「eラーニングアワード2019フォーラム」Webサイトにて行える。

◆ゲーミフィケーショントラック
日時:2019年11月15日(金)10:40~12:30
会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター(東京都千代田区神田駿河台4-6)
対象:小学生~社会人
参加費:無料(要事前登録)※当日受付は入場料として1,000円が必要
申込方法:「eラーニングアワード2019フォーラム」Webサイトにて事前登録する
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)