トビタテ!留学JAPAN寄付型自動販売機、大阪府立大に設置

 大阪府立大学は2019年10月31日、「トビタテ!留学JAPAN寄付型自動販売機」を中百舌鳥キャンパス内4か所に設置した。文部科学省から「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の学生ブランドマネージャーに任命された学生の提案がきっかけだという。

教育・受験 大学生
大阪府立大学
  • 大阪府立大学
  • トビタテ!留学JAPAN
 大阪府立大学は2019年10月31日、「トビタテ!留学JAPAN寄付型自動販売機」を中百舌鳥キャンパス内4か所に設置した。文部科学省から「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の学生ブランドマネージャーに任命された学生の提案がきっかけだという。

 大阪府立大学では2014年度からこれまで、公立大学では全国5位の人数となる19名が「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」に採用されている。

 「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」における留学経験者で、文部科学省から同制度の学生ブランドマネージャーに任命された森本優子さん(現代システム科学域 環境システム学類 人間環境科学課程4年)が、自動販売機設置の取組みを学内に提案したことがきっかけで、「トビタテ!留学JAPAN寄付型自動販売機」が設置された。

 設置されているのは、大阪府立大学中百舌鳥キャンパスの「A11棟(大学本部)内1Fエントランス」「B17棟(国際交流会館)前」「B16棟横 駐輪場付近」「B3棟(教育棟)前」の4か所。この自販機の売上げの一部は、若者に向けた海外留学奨学金として「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」に寄付される。

 自動販売機の設置を提案した森本優子さんは、「私自身、たくさんの人々に支えられて留学し、価値観がガラリと変わるようなさまざまな経験を積ませていただきました。だからこそ、今度は私が次世代の学生を応援したい。そんな私の願いが、このキャンパスに形として残るということにとても感動しています。想いをつなぐ自販機、みんな使ってくれると嬉しいです」とコメントしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)