スズキが再リコール、パレット・フレアワゴンなど51万台

スズキは11月21日、軽自動車『パレット』などのブレーキホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

生活・健康 その他
スズキ パレット(2008年)
  • スズキ パレット(2008年)
  • 改善箇所
  • 改善箇所
スズキは11月21日、軽自動車『パレット』などのブレーキホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

今回の不具合については、2016年4月7日付けでリコールを届け出ていたが、対象範囲以外の車両に同種の不具合が発生したため、対象範囲と改善措置の内容を見直し、再度リコールを実施するもの。

前回のリコールでは対象を、スズキ『パレット』、日産『ルークス』の2車種としていたが、今回、マツダ『フレアワゴン』を追加。製作期間も2008年1月9日から2011年6月7日までとしていたが、2013年2月26日に拡大。対象台数は約20万台増え、合計51万7316台となった。

前輪ブレーキホースの長さが不適切なため、ブレーキホースに引張力が発生し、ホース内部に亀裂が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が広がり、ブレーキ液が漏れて警告灯が点灯し、最悪の場合、制動力が低下するおそれがある。

改善措置も、全車両、ブレーキホースを対策品と交換するとしていたが、ブレーキホース取付けブラケットも追加する。

不具合は106件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

スズキ、パレット など51万台を再リコール ブレーキホースに亀裂のおそれ

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)