10代女子のトレンドランキング…流行った言葉1位は「ぴえん」

 マイナビティーンズラボは、2019年11月25日、「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表。流行った人1位は、俳優の横浜流星さん。流行った言葉では悲しい時やうれしい時、感極まって泣いてしまいそうな時に使われる「ぴえん」が1位となった。

趣味・娯楽 高校生
 マイナビティーンズラボは2019年11月25日、「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表。流行った人1位は、俳優の横浜流星さん。流行った言葉では悲しい時やうれしい時、感極まって泣いてしまいそうな時に使われる「ぴえん」が1位となった。

 マイナビティーンズラボは、10代のティーンの定番や流行の情報を発信。調査は、「マイナビティーンズ」会員からフリーアンサーで抽出したワードの中から、JK編集部が4つのジャンル「ヒト・コト・モノ・コトバ」ごとに30項目を選抜。その中から会員に選択式アンケートを実施。回答数は13~19歳の女性510人、調査期間は2019年11月5日~14日。

 「ヒトランキング」の流行った人では、1位が横浜流星さん34.5%。上半期1位に輝き年間ランキングでも1位にランクインした。2位は、バンド「Official髭男dism」34.3%、3位は、アイドルグループ「King & Prince」24.7%。

 「コトランキング」の流行った事では、1位がテレビドラマ「あなたの番です」35.0%。4月と7月期の2クール連続で放送された。2位もテレビドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」30.6%。3位は「あなたの番です 考察」23.5%で、視聴者が自分の考えを「考察」としてSNSに投稿。中には1,000RTを超えるほど拡散される投稿もあった。4位は結成20周年のタイミングで行われた「嵐のSNS解禁」22.4%。

 「モノランキング」の流行った物では、1位が「マリオカート ツアー」25.5%。2019年9月にリリースされたスマートフォンゲームで、無料でインストールすることができるゲームアプリ。「みんながやっているから」という理由でインストールをしている人が多く、定番のゲームアプリとなった。

 2位は7月に東京ディズニーシーにオープンしたアトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」24.7%、3位は体育祭や文化祭などで今年大活躍した「透明うちわ」21.4%。

 「コトバランキング」の流行った言葉では、1位が「ぴえん」51.0%と半数が回答。「ぴえん」という響きが可愛いという理由で多くのティーンだけではなく、ユーチューバーやインスタグラマーに使われている。2位は「湧いた」30.8%で、テンションが上がって興奮している時に使われる言葉。3位は「レベチ」24.7%で、「レベルが違う」が略されて使われている。比べものにならないこと、格が違う、普通ではないという意味。

 2019年の年間トレンドランキングは、上半期と同様に、テレビに影響を強く受けているだけでなく、テレビとSNS、両方で相乗効果を生み出し、流行につながったものが多くランクインする結果となった。詳しいランキングはマイナビティーンズラボのWebサイトで確認できる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)