【大学受験2021】最難関大入試を想定…東大・京大模試1/26

 SAPIX YOZEMI GROUPは、高校1、2年生を対象にした「第2回 東大・京大模試」を2020年1月26日に全国の教室で実施する。合格判定対象大学は、東京大学、京都大学など国立大学のほか慶應義塾大学、早稲田大学など最難関大学・学部。受験料は6,000円(税込)。

教育・受験 高校生
東大・京大模試
  • 東大・京大模試
  • 模試の時間割・配点
  • Y-SAPIX
 SAPIX YOZEMI GROUPは、高校1、2年生を対象にした「第2回 東大・京大模試」を2020年1月26日に全国の教室で実施する。合格判定対象大学は、東京大学、京都大学など国立大学のほか慶應義塾大学、早稲田大学など最難関大学・学部。受験料は6,600円(税込)、添削指導付き。

 模試は、最難関大入試を想定した記述・論述対策模試で、添削指導付き。最難関校に現役合格するためには、問いの本質を見抜き、的確に解答する力が求められている。そのために、現在の学年で身に付けておくべき知識と、論理的思考力・記述表現力を確認できる。

 また、個々の解答内容(理解の度合い・考え方や表現の仕方など)に応じたきめ細やかな添削指導を行い、今後の学力養成への的確なアドバイスをする。

 教科は国語、英語、数学の3教科。高校1年生の各教科の出題範囲は、国語が現代文、古文。英語は読解、英作文、文法・語法(動詞と文型/準動詞/関係詞/助動詞/仮定法/比較を中心とした出題)、リスニング。数学は数学I・A全範囲。

 高校2年生の国語の範囲は現代文、古文。英語は、読解、英作文、文法・語法、リスニング。数学は、文系が数学I・A・II・B全範囲。理系は、数学I・A・II・B全範囲、数学III(極限・微分法)。

 合格判定対象大学は、国立大学では、東京大学が全科類、京都大学、北海道大学、東北大学、一橋大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学の全学部と東京工業大学の全学院。国立大学は全教科が判定科目。

 私立大学では、慶應義塾大学法学部の国語・英語、理工学部の英語・数学、医学部の英語・数学など。早稲田大学は、政治経済学部の国語・英語、基幹理工学部の英語・数学など。そのほか、国公立大学医学部医学科、私立大学医学部医学科も対象となっている。

 申込方法は、Webサイトのマイページから受験会場・支払方法などを選択して申し込む。受験料は6,600円(税込)。申込締切は1月25日午後6時。模試の返却予定日は3月12日。各教科の出題方針、模試実施会場はWebサイトで確認できる。

◆東大・京大模試「添削指導付き」
日時:2020年1月26日(日)9:00~
対象:高校1年生、2年生
受験料:6,600円(税込)
申込方法:Webサイトのマイページから申し込む
申込締切:2020年1月25日(土)18:00
返却予定日: 2020年3月12日(木)
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)